image

第6世代TLC V-NAND採用、Samsung SATA接続2.5インチSSD 「SSD 870 EVO 」シリーズ

Samsungの第6世代TLC V-NANDと自社製MKXコントローラを組み合わせたPC向けSATA転送型2.5インチSSD「SSD 870 EVO」シリーズより3容量バリエーションモデルが登場、2021年1月22日(金)より販売が開始されている。 販売を確認したモデルは容量512GBの「MZ-77E500B/IT」、1TBの「MZ-77E1T0B/IT」、2TBの「MZ-77E2T0B/IT」の3モデルで、これ以外に250GBや4TBモデルは1/22現在未発売。

ビュー: 1680
公開日: 2021-01-24
関連タグ:

3bit MLC(TLC)採用のSSD870上位モデル、2.5インチSATA SSD「SSD 870EVO」シリーズ

image

Samsungの第6世代TLC V-NANDと自社製MKXコントローラを組み合わせたPC向けSATA転送型2.5インチSSD「SSD 870 EVO」シリーズより3容量バリエーションモデルが登場、2021年1月22日(金)より販売が開始されている。

image

入荷、販売を確認したのは容量512GBの「MZ-77E500B/IT」、1TBの「MZ-77E1T0B/IT」、2TBの「MZ-77E2T0B/IT」の3モデル。 シリーズ的には容量4TBの「MZ-77E4T0/IT」や250GBの「MZ-77E250B/IT」もラインアップされているが1/22時点では未発売。

image

870 EVOはサムスンの代表的なクライアントPC向けのSATA接続対応内蔵型SSDの信頼性と耐久性を高めた上位モデル「SSD 860 EVO」の正統後継モデルで、同社独自の第6世代の3bit MLC(TLC)V-NANDと効率化されたMKXコントローラの組み合わせによりランダムIOリードが従来比最大約30%向上している点が特徴。

 
型番MZ-77E500B/ITMZ-77E1T0B/ITMZ-77E2T0B/IT
シリーズSSD 870 EVOSSD 870 EVOSSD 870 EVO
メーカーSAMSUNGSAMSUNGSAMSUNG
フォームファクタ2.5インチ 7mm SATA2.5インチ 7mm SATA2.5インチ 7mm SATA
インターフェイスタイプSATA 6Gb/sSATA 6Gb/sSATA 6Gb/s
ストレージタイプSSDSSDSSD
内蔵 / 外付け内蔵タイプ内蔵タイプ内蔵タイプ
容量500GB1TB2TB
コントローラーSamsung MKX コントローラSamsung MKX コントローラSamsung MKX コントローラ
フラッシュメーカーSamsungSamsungSamsung
フラッシュタイプV-NAND - 3bit MLC(TLC)V-NAND - 3bit MLC(TLC)V-NAND - 3bit MLC(TLC)
読込み速度シーケンシャルリード:最大 560MB/sec
ランダムリード:最大 98000IOPS
シーケンシャルリード:最大 560MB/sec
ランダムリード:最大 98000IOPS
シーケンシャルリード:最大 560MB/sec
ランダムリード:最大 98000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 530MB/sec
ランダムライト:最大 88000IOPS
シーケンシャルライト:最大 530MB/sec
ランダムライト:最大 88000IOPS
シーケンシャルライト:最大 530MB/sec
ランダムライト:最大 88000IOPS
消費電力アイドル時 0.0025W (デバイススリープ時)/動作時平均 2.0~2.2Wアイドル時 0.003W (デバイススリープ時)/動作時平均 2.0~2.5Wアイドル時 0.0045W (デバイススリープ時)/動作時平均 2.2~2.5W
MTBF(MTTF)150万時間150万時間150万時間
総書込みバイト量(Total Byte Written)300TBW600TBW1200TBW
発売日2021-01-22
2021-01-22
2021-01-22
アーク参考価格読み込み中読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細 製品詳細

細かいポイントは沢山あるが多少価格が高くなっても信頼性、耐久性、パフォーマンスが3つ揃っており大切なデータを保管する記憶媒体だけにTLC NANDを採用する上位のSSD 870 EVOシリーズをオススメしたい、そんな製品だ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。