image

QLCで最大4950MB/s、CorsairからPS5016-E16と3D QLC NANDを組み合わせたGen4対応M.2 NVMe SSD「MP600 CORE」シリーズ登場

CORISARからPhison製PS5016-E16コントローラと3D QLC NAND組み合わせたPCIe Gen4対応NVMe M.2 2280接続SSD「MP600 CORE」シリーズ2容量バリエーションモデルが登場、2021年1月30日(土)より販売を開始している。 HIGH-DENSITY 3D QLC NANDを採用することでQLCながらもシーケンシャルリード最大4950MB/sを価格を抑えて実現した高速SSD、サーマルスロットリングを防止する独自デザインの大型アルミニウムヒートシンクを搭載。

ビュー: 1173
公開日: 2021-01-30 (更新 2021-02-05)
関連タグ:

Phison製PS5016-E16コントローラと3D QLC NAND組み合わせたPCIe Gen4対応NVMe M.2 2280接続SSD

image

CORISARからPhison製PS5016-E16コントローラと3D QLC NAND組み合わせたPCIe Gen4対応NVMe M.2 2280接続SSD「MP600 CORE」シリーズ2容量バリエーションモデルが登場、2021年1月30日(土)より販売を開始している。

image

販売を確認したモデルは容量2TB「CSSD-F2000GBMP600COR」と4TB「CSSD-F4000GBMP600COR」の2モデル。 シリーズとしては容量1TBも「CSSD-F1000GBMP600COR」もラインナップしておりこちらは後日入荷次第販売予定とのこと。

[追記]容量1TB「CSSD-F1000GBMP600COR」の販売が2/5(金)より開始。

image

主な特長としては、PCIe Gen4対応の高速SSDとしては比較的珍しい3D QLC NANDを採用し3D TLCには及ばないもののシーケンシャルリード最大4950MB/s(2TBと4TBのみ、1TBは4700MB/s)を実現し、コストパフォーマンスも高めている点、また専用の独自デザインの大型アルミニウムヒートシンクを搭載しているのもユニークポイント。

 
シリーズMP600 COREMP600 COREMP600 CORE
メーカーCorsairCorsairCorsair
フォームファクタM.2 type2280(22×80) PCIeM.2 type2280(22×80) PCIeM.2 type2280(22×80) PCIe
インターフェイスPCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express)PCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express)PCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express)
ストレージタイプSSDSSDSSD
内蔵 / 外付け内蔵タイプ内蔵タイプ内蔵タイプ
容量1TB2TB4TB
コントローラーPhison PS5016-E16Phison PS5016-E16Phison PS5016-E16
フラッシュタイプ3D QLC3D QLC3D QLC
読込み速度シーケンシャルリード:最大 4700MB/sec
ランダムリード:最大 200000IOPS
シーケンシャルリード:最大 4950MB/sec
ランダムリード:最大 380000IOPS
シーケンシャルリード:最大 4950MB/sec
ランダムリード:最大 630000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 1950MB/sec
ランダムライト:最大 480000IOPS
シーケンシャルライト:最大 3700MB/sec
ランダムライト:最大 580000IOPS
シーケンシャルライト:最大 3950MB/sec
ランダムライト:最大 580000IOPS
消費電力------
総書込みバイト量(Total Byte Written)225TBW450TBW900TBW
MTBF(MTTF)180万時間180万時間180万時間
発売日2021-02-05
2021-01-30
2021-01-30
アーク参考価格読み込み中読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細 製品詳細

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。