image

パラコードにグリップテープやPTFEソールも標準装備、HyperXから一通り備えた軽量マウス「HyperX Pulsefire Haste」

KingstonのHyperXブランドから、ハニカムシェルデザインを採用し本体重量59gと軽量化を図りつつ、独自パラコードやグリップテープ、PTFEソールなど一通りのトレンドを標準で備えるUSB接続対応有線光学式ゲーミングマウス「HyperX Pulsefire Haste」が登場、2021年2月1日(月)より販売を開始する。 センサーはPixart 3335でTTC Golden防塵マイクロスイッチやレスポンシブな分割ボタン設計も採用。

ビュー: 2017
公開日: 2021-01-31
関連タグ:

2021年のトレンド中央値的ゲーミングマウス「HyperX Pulsefire Haste」

image

KingstonのHyperXブランドから、ハニカムシェルデザインを採用し本体重量59gと軽量化を図りつつ、独自パラコードやグリップテープ、PTFEソールなど一通りのトレンドを標準で備えるUSB接続対応有線ゲーミングマウス「HyperX Pulsefire Haste」が登場、2021年2月1日(月)より販売を開始する。

image
image

主な特長としては、ハニカムシェル加工が施され軽量化が図られたボディをベースにPixart 3335センサーの採用により16,000DPI/450IPS/40Gスペックを実現、左右ボタンに最大6000万回の耐久性を誇るTTC Golden防塵マイクロスイッチ採用、流行りのパラコード素材を用いたHyperFlex USBケーブルの採用、低摩擦の100% PTFE製ソール標準装備、さらにグリップテープが標準で付属するなどゲーミングマウスのトレンドを詰め込みつつコストパフォーマンスをキープしたHyperXブランド有線ゲーミングマウスの意欲作ともいえる点。

image

主な仕様は、接続インターフェースはUSB2.0、センサーはPixart PAW3335で 解像度は最大16000DPI、DPIプリセットは400/800/1600/3200DPI、速度450ips 、加速度40G、ボタンは6個で左右ボタンのスイッチにはTTC Golden防塵マイクロスイッチを採用し耐久性6000万クリック、重量は59g(ケーブルを含むと 80g)、オンボードメモリ実装(1プロファイル保存可)など。

image

スペック、仕様、機能など総合的なバランスを考えると6000円以下で購入できるのは魅力な製品と言っていいかもしれない。 ここ最近のゲーミングマウスのトレンドが詰め込まれているので特にコレ、と決めていてないゲーマーにオススメできそうだ。

通気性とエアフローに優れた59gゲーミングマウス
HMSH1-A-BK/G
税込価格: 5,979円

送料無料

詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。