image

低価格ながらスタジオ品質をうたうオーバーイヤー・ステレオヘッドセット「ROCCAT® RENGA」

「Renga」はドイツのゲーミングブランド開発、製造メーカー「ROCCAT」が開発したスタジオ品質をうたうオーバーイヤータイプのゲーミングヘッドセット。マルチプラットフォームに対応し、50mmドライバーユニットを搭載、低高音が冴えるゲーミングチューンが施されている。

ビュー: 3998
公開日: 2016-03-10 (更新 2017-03-01)
image

ドイツのゲーミングデバイス、アクセサリーメーカーのロケットスタジオからオープンエア型(開放型)アナログステレオ接続タイプのゲーミングヘッドセットが登場、スタジオ品質をうたいながら実売8,100円弱とお手頃価格で購入出来る。

image
image

接続はアナログ方式の「3極(ステレオ)3.5mmプラグタイプ」でマイク、ヘッドホンそれぞれ1つずつ備えておりPC接続に適している他、「4極 3.5mmミニピン端子 変換ケーブル」も付属しており、コンシューマーやスマートフォンでもコネクタさえ合えば使用可能。

image
image
image

オープンエア型のゲーミングヘッドセットはSteelSeriesのSiberiaシリーズなどが主流となっているが価格が1万円前後~となっており、この「ROCCAT RENGA」の登場により選択支がひろがった、コスパ重視のユーザーには朗報な一品だ。

仕様・詳細

製品名 ROCCAT RENGA
メーカー: ROCCAT
型番: ROC-14-400-AS
ドライバーユニット
応答周波数: 20∼20000Hz
インピーダンス: 32Ω
最大1kHzの音圧レベル: 110dB
ドライブ径: 50mm
ドライバーユニット素材: ネオジム磁石
マイク
1kHzでの感度: -52dB
インピーダンス: 2.2kΩ
指向性: 無指向性
一般
重量 (ヘッドセットのみ): 210g
ヘッドホンジャックプラグ: 3.5mm 3極 x1
マイクジャックプラグ: 3.5mm 3極 x1
ケーブルの長さ: 2.5m
サイズ: 幅21cm x 高さ 20cm x 長さ 10cm
重さ: 重さ 210 g
発売日: 2016年3月11日
スタジオ品質オーバーイヤー・ステレオヘッドセット
取扱終了
詳しく見る

関連動画


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。