image

GIGABYTEからUltra Durable 2オンス銅箔基板採用DDR3L 2GB キャッシュ装備のNVMe M.2 SSD「M30 SSD 512GB」が登場

GIGABYTEから3D TLC NANDに2GBのDDR3L キャッシュを装備したのPCI Express 3.0対応NVMe M.2 SSD「M30」シリーズの容量512GBモデルが登場、2021年6月11日(金)より販売を開始している。DDR3L DRAM と SLCキャッシュ、さらにLDPCエラー訂正機能を搭載し、シーケンシャル読込で最大 3500MB/s、シーケンシャル書込で最大 2600MB/s の性能を誇る。

ビュー: 801
公開日: 2021-06-14 (更新 2021-06-15)
関連タグ:

Ultra Durable 2オンス銅箔基板設計で低発熱かつ高性能なPCI Express 3.0対応NVMe M.2 SSD

image

GIGABYTEから3D TLC NANDに2GBのDDR3L キャッシュを装備したのPCI Express 3.0対応NVMe M.2 SSD「M30」シリーズの容量512GBモデルが登場、2021年6月11日(金)より販売を開始している。

image

「M30」シリーズSSDは512GBの他に1TBがラインアップされているが、発売開始時点では容512GBの「M30 SSD 512GB(型番: GP-GM30512G-G)」のみ販売を確認、保証期間は350TBW(Total Byte Written=総書込みバイト量)に到達した日、または5年間のいずれかとなる。

image
*テスト結果は、内部テストに基づく参考のためのもので、異なる環境下で実際の性能は変化する可能性があります。

主な特長は、3D TLC NANDに2GB DDR3キャッシュ、LDPC エラー訂正機能を搭載しPCI Express 3.0接続のNVMe M.2 SSDとしては高い性能を発揮する。また、基盤には同社マザーボードで培ったUltra Durable 2オンス銅箔基板設計技術を採用し、高負荷時に熱を基盤全体に逃がしてサーマルスロットルの発生を低減するとしているのもポイント。

GIGABYTEによると高負荷時のコントローラーの温度が他社製品と比べ約15度、NANDの温度も約5度低いとしている。

 
型番 GP-GM30512G-G
シリーズ M30 SSD
メーカー GIGABYTE
フォームファクタ M.2 type2280(22×80) PCIe
インターフェイス PCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)
ストレージタイプ SSD
内蔵 / 外付け 内蔵タイプ
容量 512GB
キャッシュ 2GB DDR3L
フラッシュタイプ 3D TLC NAND
読込み速度 シーケンシャルリード:最大 3500MB/sec
ランダムリード:最大 350000IOPS
書込み速度 シーケンシャルライト:最大 2600MB/sec
ランダムライト:最大 302000IOPS
総書込みバイト量(Total Byte Written) 350TBW
MTBF(MTTF) 200万時間
発売日 2021-06-11
放熱性に優れる2oz銅層を備えたPCBを採用。キャッシュにDDR3L 2GBを搭載することで安定したパフォーマンスを実現したSSD
GP-GM30512G-G
税込価格: 9,680円

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

チャンプ

フリーライター、元パーツSHOP店員のスキルを活用してレビューや記事を執筆。趣味のカメラを活かして家族や風景写真を撮りまくる熱烈パパ。