image

AORUSの4スロット占有の大型クーリングシステムを採用したRTX 3080搭載カードにLHR版「AORUS GeForce RTX 3080 MASTER 10G (rev. 3.0)」

GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」の4スロット占有大型クーリングシステム「MAX-COVERED」を搭載するオーバークロック仕様GEFORCE RTX3080 GPU搭載グラフィックスカードにLHR(Lite Hash Rate)版「AORUS GeForce RTX 3080 MASTER 10G (rev. 3.0)(型番: GV-N3080AORUS M-10GD R3.0)」が登場、2021年6月24日(木)より販売を開始している。

ビュー: 869
公開日: 2021-06-25 (更新 2021-06-27)

AORUS GeForce RTX 3080 MASTER 10GのLHR版(Rev3.0))

image

GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」の4スロット占有大型クーリングシステム「MAX-COVERED」を搭載するオーバークロック仕様GEFORCE RTX3080 GPU搭載グラフィックスカードにLHR(Lite Hash Rate)版「AORUS GeForce RTX 3080 MASTER 10G (rev. 3.0)(型番: GV-N3080AORUS M-10GD R3.0)」が登場、2021年6月24日(木)より販売を開始している。

image

主な特長は、3基の大型ファン(115mm x2+100mm x1構成で100mmのみ逆回転)を自社設計のSLOT占有大型ヒートシンクと組み合わせた冷却システム「MAX-COVERED cooling」に、GPU温度や動作クロック、画像などが表示可能なLCDパネルがクーラー上に実装され専用アプリ「RGB FUSION 2.0」を介して文字やイメージ画像を設定、表示されることが出来る「AORUS GeForce RTX 3080 MASTER 10G」のRev3.0(LHR(ライトハッシュレート)版)で、ETHのハッシュレートが43MH/s(推定)まで制限を受ける点以外はほぼ前作同様。

image

保証期間は代理店保証が2年だが、メーカー公式サイトのオンラインフォームから登録を行う事でメーカー直接対応限定2年追加保証を得る事が出来る。

 
型番 GV-N3080AORUS M-10GD R3.0
メーカー GIGABYTE
ブランド AORUS
シリーズ MAX-COVERED COOLING
搭載GPU NVIDIA GEFORCE RTX 3080 (LHR)
CUDAコア数 8704
ビデオメモリータイプ GDDR6X
ビデオメモリー容量 10GB
メモリバス 320-bit
GPUブーストクロック 1845MHz (OC)
メモリスピード 19Gbps
メモリスピード実クロック 1187.5MHz
出力インターフェース 3× DisplayPort 1.4a
2× HDMI 2.1
1× HDMI 2.0
最大同時出力画面数 4
対応バスインターフェース PCI-Express (4.0) X16
NVIDIA NVLink(SLI)対応 非対応
対応API DirectX 12 Ultimate/OpenGL 4.6/Vulkan
本体サイズ 319(L)mm x140(W)mm x70(H)mm
占有スロット 4SLOT占有
補助電源コネクタ 8Pin x3
グラフィックスカード電力 350W
推奨システム電力 850W
冷却方法 セミファンレス
LEDエフェクト 搭載 (LCD エッジビュー搭載)
バックプレート 搭載
保証期間 2年間 (2年(代理店保証) + 2年(メーカー延長保証)の最大4年間の製品保証が受けられます。詳しくはGIGABYTEの4年間保証に関するチュートリアルをご確認ください。https://jp.aorus.com/blog-detail.php?i=383)
JAN/EUCコード 4988755059589
発売日 2021-06-24
NVIDIA GeForce RTX 3080を搭載。4スロット占有MAX-COVERED クーリング採用。LCD エッジビューやバックプレートを搭載するオーバークロック版グラフィックボード。LHR(Lite Hash Rate)バージョン。
GV-N3080AORUS M-10GD R3.0
税込価格: 159,500円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。