image

「トルクスファン 3.0」採用、OC仕様のRTX 3080 LHR搭載グラフィックスカード「GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR」がMSIから登場

MSI VENTUSシリーズから、セミファンレス仕様3連ファン「トルクスファン 3.0」や「メタルバックプレート」を採用したNVIDIA GEFORCE RTX 3080 LHR搭載グラフィックカードのオーバークロックモデル「GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR」が登場、2021年9月17日(金)より販売を開始している。

ビュー: 1106
公開日: 2021-09-19 (更新 2021-09-20)
関連タグ:

冷却効率を高める「トルクスファン 3.0」を採用したオーバークロック仕様のグラフィックボード

image

MSIからセミファンレス仕様でオリジナル3連ファンを採用したオーバクロック仕様のNVIDIA GEFORCE RTX 3080 LHR搭載グラフィックカード「GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR」が登場、2021年9月17日(金)より販売を開始している。

image
image

主な特長として、従来型と分散型のファンブレードを組み合わせて配置することで冷却効率を向上させた「トルクスファン 3.0」を3基搭載。

そしてGPUとの接触面を増大させるよう加工されたヒートパイプも使用しており、熱を効率よく拡散させるようになっている。

強度と熱伝導率に優れたアルミニウム素材のバックプレートを装備。そして精密に加工されたコアパイプ、豊富なサーマルパッドを採用し、ヒートシンク全体にわたって熱を拡散する設計になっている。

image
image

主な仕様としては、対応バスインターフェースはPCI-Express (4.0) X16 GPUにNVIDIA AmpereアーキテクチャGPU FEFORCE RTX 3080 LHR を搭載しており、GPUブーストクロック1740MHz、メモリーはGDDR6X 10GBでメモリバス幅は320-bit、速度は19Gbps(実クロック1187.5MHz)。

image
image

その他の仕様として、画面出力はDisplayPort 1.4aを3ポート、HDMI 2.1を1ポートの構成で、サイズは長さ305mm x 幅143mm x高さ54mmとなっており2.7スロット占有。 補助電源は8Pinが2つ必要となっており、推奨システム電力は750W以上となっている。

仕様詳細については下表のスペックシートを参照。

 
型番GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR
メーカーMSI
シリーズVENTUS
搭載GPUNVIDIA GEFORCE RTX 3080 (LHR)
CUDAコア数8704
ビデオメモリータイプGDDR6X
ビデオメモリー容量10GB
メモリバス320-bit
GPUブーストクロック1740MHz (OC)
メモリスピード19Gbps
メモリスピード実クロック1187.5MHz
出力インターフェース3× DisplayPort 1.4a
1× HDMI 2.1
最大同時出力画面数4
対応バスインターフェースPCI-Express (4.0) X16
NVIDIA NVLink(SLI)対応非対応
対応APIDirectX 12 Ultimate/OpenGL 4.6/Vulkan
本体サイズ305(L)mm x120(W)mm x57(H)mm
占有スロット2.7SLOT占有
補助電源コネクタ8Pin x2
グラフィックスカード電力320W
推奨システム電力750W
冷却方法セミファンレス
バックプレート搭載
保証期間1年間
JAN/EUCコード4719072874452
発売日2021-09-17
NVIDIA GeForce RTX 3080を搭載。セミファンレス仕様2.7スロット占有トリプルファンクーラーとメタルバックプレートを採用するOC版グラフィックボード。LHR(Lite Hash Rate)バージョン。
MSI
GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR
税込価格: 145,200円

送料無料

新発売

お一人様1個限り
詳しく見る

関連記事

ライター

アーク@アキバ店舗STAFF