image

メッシュフロントパネルを採用したミドルタワーPCケース「NZXT H510 FLOW」

NZXTより、メッシュフロントパネルを採用しNZXT Aer Fシリーズの120mmファンを2基搭載した新しいミドルタワーケース「NZXT H510 FLOW」が登場、2021年10月15日より販売を開始している。 現在(2021年10月時点)販売しているNZXT H510B/I、NZXT H510 Eliteの兄弟機となるモデルで、大きな違いはメッシュフロントパネル採用、最長360mmまでのGPUカード対応、フロント最大280mmまでのラジエイター搭載可能、空冷タイプのCPUクーラー高さ最大165mmまで対応など、エアフロー要素を大幅に強化している点。

ビュー: 1694
公開日: 2021-10-24
関連タグ:

高い冷却能力が必要となるハイエンド構成に最適なH510バリエーションモデル「H510 FLOW」

image
写真は組み込みイメージ、クーラー・GPU・マザーボードは別売となる。
image
写真は組み込みイメージ、クーラー・GPU・マザーボードは別売となる。

NZXTの人気ロングセラーミドルタワーケース「H510」シリーズの新バリエーション「NZXT H510 FLOW」2モデルの販売が開始している。

主な特徴

image
image

ラインアップはブラックカラーの「H510 FLOW ブラック(CA-H52FB-01)」、ブラックとホワイトの2トーンカラーの「H510 FLOW ブラック/ホワイト(CA-H52FW-01)」2モデル展開でポイントはフロントが丸型通気孔が空いたメッシュパネルに変更されて、ファンには同社が出しているNZXT Aer Fシリーズの120mmサイズのモデルを2基搭載することでエアフローを大幅に強化している点。

本体サイズは428(D)x210(W)mmx460(H)mmとなっており、現在販売している「NZXT H510シリーズ」と同寸法。また、サイドパネルは強化ガラスパネル仕様。

フロントには最大280mmまでのラジエイター、拡張カードは最長360mmまでを内蔵させることが可能だ。 空冷タイプのCPUクーラーは高さが最大165mmまで搭載する事ができる。

その他の仕様

image
image

スタータースイッチやI/Oポートはトップパネルに設置されている。 USB 3.2 Gen.1 Type-Aを1ポートの他、最新のUSB Type-C対応デバイスを接続できるUSB 3.1 Gen 2 Type-Cを1ポートを搭載。 他に、はオーディオジャックポートが設置されている。

CA-H52FB-01
税込価格: 11,000円
詳しく見る
CA-H52FW-01
税込価格: 11,000円
詳しく見る

関連記事