image

ウエスタンデジタル、信頼性と耐久性をうたうHDD「WD Re」シリーズ

Western Digital(ウエスタンデジタル)から「業界で最高レベルの信頼性と耐久性」をうたう3.5インチ、SATA接続タイプのHDD「WD Re」シリーズより容量1TBの「WD1004FBYZ」と、2TBの「WD2004FBYZ」の2モデルの販売が2016年5月20日(金)より販売を開始した。

ビュー: 6659
公開日: 2016-05-20
関連タグ:

高信頼性、耐久性のHDD「WD Reシリーズ」

image

「WD Re」シリーズは先に発売された、業界で最高レベルの信頼性と耐久性をうたうデータセンター向け3.5インチSATA接続HDD、WD Goldシリーズの小容量帯をカバーする姉妹モデルでGoldより先に発売されている。

メーカーデーターシート上では250GB~6TBまで同容量フォーマット別やキャッシュ搭載容量違いなどのバリエーションを含め14モデルがラインナップされている、また、既存モデルのMTBF 120万時間から、今回発売されたモデルは200万時間に変更されている。

その中から容量 1TB(データ転送レート最大184 MB/s)の「WD1004FBYZ」と、容量 2TB(データ転送レート最大200 MB/s)の「WD2004FBYZ」の2モデルが登場、取扱いショップにて販売を開始している。

主なスペックは両モデル共通でプラットフォームは3.5インチ、インターフェースはSATA、回転数は7200rpm、キャッシュは128MB、MTBFは200万時間※1、1年当たりのデータ処理容量は550TB(24時間365日稼働を前提)としている点などは「WD Gold」シリーズ同様となっている。

一応、ラインナップされているシリーズ同容量のバリエーション中では上位スペック版にあたる。

※1 MTBF値は以下のメーカー公式データシートの値を掲載している。

関連記事


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。