image

Silverstone SST-ST30SFがV2になったので比べてみた - SST-ST30SF V2 まとめ

SilverStoneの小型PC向けSFXタイプの300W 80PLUS BRONZE認証 電源 SST-ST30SF がバージョンアップ、「SST-ST30SF V2」となり仕様が準ファンレスから静音タイプに変更されたので仕様書を元に比較してみた。

ビュー: 11982
公開日: 2016-08-31

シルバーストーン定番の300W SFX電源がバージョンアップ

image

SilverStoneのSFF(スモールフォームファクタ)ケースに最適な「SFXシリーズ」から80PLUS BRONZE認証タイプ300Wモデル「SST-ST30SF V2」が登場。

ST30SF V2概要

  • SFX規格に準拠した小型電源
  • 40℃動作温度での連続出力300W
  • 80 PLUS Bronzeレベルの効率 (効率82%~85%、20%~100%負荷時)
  • 静音92mmファンで低動作音
  • クラスをリードするシングル+12Vシングルレール
  • アクティブPFC対応
  • ATXアタッチメントも付属

型番の末尾に「V2」が付いている事と、本記事のタイトルからもうお分りだと思うが「SST-ST30SF V2」は「SST-ST30SF」のバージョンアップ的な製品だ。

しかし、要所が大幅に仕様変更され実質別物になっているので今回は比較形式で製品を紹介していきたい。

準ファンレスから可変静音仕様に

image

今回のバージョンアップにおいて最も大きな変更点は、搭載された冷却ファンの動作タイプが「準ファンレス設計(V1.0)」から「常時動作の静音設計(V2.0)」に変更された事だ。

具体的にはV1.0は電源の内部温度が55℃以上になると温度に合わせ1048~1588回転(18~38 dBA)にて稼働する、55℃以下の場合はファンは停止するいわゆる「準ファンレス」仕様、それに対しV2.0は負荷に応じて常時ファンが回転する仕様に変更されている。

搭載ファンが大型化

image

上記の仕様変更に合わせる形でファンのサイズが変更になっている、V1.0は80mm(ブレード8枚)に対しV2.0は92mm(ブレード7枚)へ大型化、大きさの向上により低速回転で同じ風量が得られる。

仮にV1.0を使用し結果的に常用時がファン稼働状態となる場合、ファンを大型化し常用動作仕様にしつつ回転数を引き下げたV2.0のほうが静音で稼働する事になる

出力配分の見直しと強化された保護機能

image

今回のバージョンアップで出力バランスが変更されている、まず+3.3、+5V コンバイン出力がV1.0は103WだったがV2.0は90Wへ減少。 その代わりに+12V コンバイン出力がV1.0では264W/22Aに対し、V2.0では300W/25Aへ強化されている。

保護機能についてもV1.0では「過電流保護」、「過電圧保護」、「短絡回路保護」までだったがV2.0では「過出力保護」、「過小電圧保護」も加わり安全性が強化

ちなみに重量はV1.0は0.8KgだったがV2.0は機能強化からか1.0Kgへ増量されている。

ケーブル数、長さに変更はなく、共通で以下の通り。

  • 24/20ピンマザーボードコネクタ(300mm) x1
  • 8/4ピンEPS / ATX 12Vコネクタ(400mm) x1
  • 6ピンPCIEコネクタ(400mm) x1
  • SATAコネクタ(300mm / 200mm / 100mm) x3
  • 4ピン周辺用コネクタ (300mm / 200mm) x2
  • 4ピンフロッピーコネクタ(300mm / 200mm / 200mm) x1

寸法もSFX標準規格125 mm (W) × 63.5 mm(H) × 100 mm(D)と変更なし。

最終的にはシステム構成や設置する部屋の温度も加味して決めたい。

image

現状(20168/31現在)ではまだV1.0も併売されており好きなバージョンを選択できる。

もし稼働中、電源内温度を55℃未満に抑えることが出来るならば準ファンレスのV1.0は静音派には引き続き有用な製品だ。

しかし実情は気候や室内温度、電源以外の構成などから上手く計算しなければ常用でのファンレス動作は難しく、それであれば常時回転仕様だが大型化したファンを搭載するV2.0を選択したほうが結果的に静音性が高くなる、そういった意味での仕様変更とも言えるかもしれない。

また保護機能強化や+12Vの強化などの追加、変更部分も加味し最終的に自分の環境、構成により適したバージョンを選んでみてほしい。

SST-ST30SF-V2
税込価格: 5,500円
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)