image

米ウエスタンデジタル、コンシューマー向けSSD「WD GREEN PC SSD」「WD BLUE PC SSD」を発表

Western Digital(ウエスタンデジタル)は2016年10月11日、同社初となるコンシューマー向けSSDを発表。 エントリーモデルの「WD GREEN」と上位モデルの「WD BLUE」の2シリーズ、SATA3.0接続対応でそれぞれ2.5インチとM.2 2280タイプが用意されている。

ビュー: 6250
公開日: 2016-10-13
関連タグ:

HDDでお馴染みのウエスタンデジタルがSSDを発表

image

Western Digital(WD)は2016年10月11日、同社初となるコンシューマ向けSSD(Solid State Drive)エントリータイプの 「WD GREEN PC SSD(WD GREEN)」と、ハイパフォーマンスタイプの「WD BLUE PC SSD(WD BLUE)」を2シリーズ同時に発表。

両シリーズ共にSLCキャッシュテクノロジーを採用、インターフェースはSATA 6GB/s、プラットフォームは2.5インチ7mmとM.2 2280の2タイプがラインナップされており「WD GREEN」はNAND方式は非公開で容量120GB、240GBの2バリエーション4モデル、「WD BLUE」はTLC NAND方式で容量250GB、500GB、1TBの3バリエーション6モデルラインナップされている。

主なスペックについては以下の表にまとめてみた。

image
WD BLUE SSD 容量 連続読込 連続書込 ランダム読込 ランダム書込 MTTF TBW
2.5inch 7mm
WDS100T1B0A 1TB 545MB/s 525MB/s 100K IOPS 80K IOPS 175万時間 400TB
WDS500G1B0A 500GB 545MB/s 525MB/s 100K IOPS 80K IOPS 175万時間 200TB
WDS250G1B0A 250GB 540MB/s 500MB/s 97K IOPS 79K IOPS 175万時間 100TB
M.2 2280
WDS100T1B0B 1TB 545MB/s 525MB/s 100K IOPS 80K IOPS 175万時間 400TB
WDS500G1B0B 500GB 545MB/s 525MB/s 100K IOPS 80K IOPS 175万時間 200TB
WDS250G1B0B 250GB 540MB/s 500MB/s 97K IOPS 79K IOPS 175万時間 100TB
image
WD GREEN SSD 容量 連続読込 連続書込 ランダム読込 ランダム書込 MTTF TBW
2.5inch 7mm
WDS240G1G0A 240GB 540MB/s 465MB/s 37K IOPS 68K IOPS 175万時間 80TB
WDS120G1G0A 120GB 540MB/s 430MB/s 37K IOPS 63K IOPS 175万時間 40TB
M.2 2280
WDS240G1G0B 240GB 540MB/s 465MB/s 37K IOPS 68K IOPS 175万時間 80TB
WDS120G1G0B 120GB 540MB/s 430MB/s 37K IOPS 63K IOPS 175万時間 40TB

WD BLUEの採用NANDはTLCタイプと明記されているがWD GREENに関しては明記されていない、これは恐らくTLC以外の方式を採用している(MLCなど)、もしくは現在はTLC NANDだが近い将来QLC NANDなどに変更する可能性がある、などの理由によるものだと想定されるが買収による既存のSanDisk製品や技術のローカライズ、ブラッシュアップ品であることからどちらにせよ「現在の方式から予告なく変更の予定あり」といった都合によるもの考えてよさそうだ。

国内発売についてはまだ発表されていないが恐らくそう遠くないうちに秋葉原にも出回りそうだ。

[追記] 2016/10/25 WD SSD BLUEシリーズの販売開始を確認

▼ 関連記事

▼ WESTERN DIGITALリリースページ


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。