1. ark トップ
  2.  >  商品レビュー一覧
  3.  >  プロフィール
公開フィール情報がありません。
新しい順  |  古い順  |  参考になった順

167 件中 1-30表示   (0.006秒)

良かった点、改善してほしい点

★良かった点
1.メール質問へのレスポンス
他の某ショップで質問した際は、わかりません、教えません、できません、選べませんといった回答ばかりでしたが、ark様は私の質問に対してマイナスな回答の場合でも真摯に返答して下さいました。
2.納期
当方10/21に注文しi9 13900KFが入荷待ちの状態でしたが、入荷され次第すぐに商品ページのステータスが進行し、11/2に発送と2週間かからずに商品が到着しましたので大変好感が持てました。
3.商品の状態
商品自体はPC本体と各種製品の化粧箱で2個口で届きました。
これでもかというばかり緩衝材が詰めてあり、衝撃対策は完璧でした。
さらに綺麗にケーブルマネジメントされており満足できました。
4.リアファンの追加設置
当方が選択したケース「Fractal Design Torrent Black RGB TG Light Tint ATX」には標準でリアのファンはついておりません。
しかし今回は別途個別で同じファンをリアに設置して頂いておりました。
フロントの18cmファン2基を12cmファン3基のCPUクーラーのラジエターに変えた事で不足するエアフローを補う形で設置して頂いたのだなと思い大変好感が持てました。

★改善してほしい点
1.RTX4090の16ピン12VHPWR変換ケーブルと8ピンPCIeケーブルの接続について
当方が選択した電源「Corsair HX1000i」には独立した8ピンPCIeケーブルが3本しか付属していなかったためか、1本は同じPCIeケーブルから12VHPWR変換ケーブルへ接続されておりました。
別途8ピンPCIeケーブルを用意して頂き4本全て独立して接続して頂きたかったところが惜しい点でした。
2.Corsair HX1000iのUSBケーブル
当方が選択したケース「Fractal Design Torrent Black RGB TG Light Tint ATX」は電源ユニットを上部に取り付けるタイプであった事でケーブル長が不足していたのが要因だったのか、電源からマザーボード下部のUSBコネクタに接続するケーブルが接続されず商品の化粧箱にそのまま入っておりました。
別途延長コネクタを使ってマザボのUSBコネクタに接続してほしかったです。
CORSAIR iCUEソフトウェアをインストールした際に認識していなかった為気づきました。

★その他
・ZOTAC GAMING GeForce RTX 4090 Trinity OCのファンの駆動音
当方の場合「ZOTAC GAMING GeForce RTX 4090 Trinity OC」が装着してありました。
このグラボのファンの風切り音以外の駆動音(ベアリングやファンの軸の作動音?)がやや高周波の音の為、静かな部屋ですと耳に障る状態でした。
特に無負荷状態で47度程まで上昇した温度を40度程まで下げる為に4~5分おきに0RPM状態から50秒程30%(1115RPM前後)で駆動するのですが、その音が上記高周波で駆動し1時間に10回以上耳にするため中々に耳障りです。
しかも最低回転数が30%(1115RPM前後)の為制御ソフトFireStormのファンカーブでもうまい具合に調整できず。
グラボの仕様や個体差なのでしょうか・・・。
因みに高負荷状態でもグラボのコイル鳴きは無かったのでそこは良かったです。

PC自体の性能はWeb上の記事と遜色無く文句無しです。
以上、改善してほしい点はいくつかあったものの、総じて良い商品でした。
今後のさらなるご発展をお祈り申し上げます。
参考になった人8

DRAM BOM固定不可ながらド定番のCrucial DDR4-3200 16GBx2枚組バリューモデル

CrucialブランドのMicron DRAM搭載製品は従来1Rank x8 DRAM指定の「CT2K16G4DFS832A」と、2Rank x8 DRAM指定の「CT2K16G4DFD832A」の2モデルに分かれていたが「CT2K16G4DFRA32A」はDRAMタイプを指定不可とすることでメーカー調達の便宜性を高めた汎用型番モデル。 出始めは両片面どちらもそれなりに流通しており現物を見ないと判断できなかったが、最近はシュリンクが進み1Rankが多い、ただし生産割合やDRAM供給バランスにより2Rank両面がいつ入荷してもおかしくない為、その辺りを気にする人は留意が必要です。Intel、AMD両環境共に多くのユーザーに選ばれているJEDEC 100%なド定番のデスクトップ向けDDR4増設メモリーキットです。
参考になった人6

低消費電力設定でも1.4倍以上のパフォーマンスアップ

ZEN4(7000シリーズ)がZEN3(5000シリーズ)と比べて消費電力設定を控えめにしても公称通り4割の性能アップと
聞いたのでシステムを入れ替えてみました。

空冷環境(ノクチュア NH-D15S) R9 7950X PBO含めて設定はデフォルト
ASRCOK X670E PRO RS最新BIOS(1.09) Micron DDR5 4800メモリ(32x2)のWindows10Pro(64bit)構成で
Windowsに関しては特に再インストールはしておらず、テスト目的でそのまま流用しています。

CHINE BEANCH R23のスコアは33000程度
HWMonitorで最大消費電力をみるとCPUは200W前後


ASROCKの最新BIOSはPBOの有効無効+温度設定+電圧設定のプロファイル設定画面があるので PBO有効+85度設定で
R23で計測したところ、31500~33000ほどの結果が出ました

HWMonitorでの最大電力は165W前後、アイドル時の最低電力は51Wほどでした。

消費電力設定を押さえた方がオープンフレーム時にはCPUクロックも5950Mhzを張り付くなど
空冷環境に合わせて最大温度を抑えて筒よい結果が出ました

様々計測していると、計測時の環境により30000~33000と多少のブレ幅はありますが、R9「5950X」+メモリ128GB(DDR4-3800設定)の時は、PBO2無効のデフォルト状態で24000ほどだったので、概ね4割のパフォーマンスアップが見られました。

M/B搭載のプリセットでは無く、電圧やPPTリミット等の微調整をすればもっとよくなる物と思います

また、温度に関しては5000シリーズもPBO2有効時は90度をあっというまに超えるCPUであったため温度を抑えての結果になりました。

RYZEN7000シリーズは素性のよいCPUであることがわかり、設定次第で電力も前世代の5000シリーズ同等で4割アップ以上の
性能が得られ、コストパフォーマンスがよい製品だと思います
参考になった人5
h201さん 1年前

コスパ最強です。

今までは、Athlon 200GEを使用していました。
時代が4K動画になるにつれて、モニターも4kに…と考えていると若干のパワー不足を感じたので5600Gを購入。
メモリーの速度でも性能が変わってきますが、今までもたついていた部分での改善が見られました!

グラフィックボードいらずで、コンパクトに仕上げたい方にもおすすめです。
軽いゲームも動かせる、普通に遊べてしまう素晴らしさ!
ちょと重めも動きます!

BIOS(UEFI)更新を忘れずに!
AM4プラットフォームは、長年お世話になっていて、マザーボードメーカーの対応も有り難いです。

いい製品が生まれると、他メーカーとの競争が起きます。
そこからまた、いい製品が生まれ、ユーザーに選択肢が増える事は、とても良いことだと思います。


AMD!AMD!
参考になった人4
gx90ltdさん 1年前

安価に手に入る高性能メモリ

Ark Tech & Marketニュースで記載ありますが
SKhynix純正モジュール採用のDDR5メモリとなっています。

5600CL46-45-45@1.1Volt のものですが
13thCPU、Z790と組み合わせれば手動設定で
より高クロックでもOCして動作させることが容易です。

光らない、緑色基板、XMP設定なしなど
拘りなければ良い選択と思います。
参考になった人4
モリケンさん代理店 1年前

NZXT 空冷クーラー T120シリーズ簡単製品レビュー

ケースと水冷クーラーKRAKENでおなじみの人気メーカーNZXTから空冷クーラーが登場しました。
このT120をCore i7 13700K を使って試してみました。

T120 とT120 RGBの違いはFAN、今回はホワイトですが、ブラックもあります。
RGB FANのRGBは5VのアドレッサブルRGBになります。コネクタの先はNZXT専用コネクタですがマザーボード接続変換ケーブルが付属してきますので、NZXT専用コントローラーがなくても安心です。梱包もしっかりしていました。FANが取り付けられていないため、一度外す手間が省けます。

■■■取付方法■■■
1. パックプレートをマザーの裏面に取り付ける
バックプレートにはシールがあります。
2. CPUにグリスを塗ります
今回は付属品を使いました。コアのあたりに縦長にすっとぬりクーラーで伸ばします。
3. ヒートシンクのCPU接着面の保護を外す
忘れがちです!!確認ヨシ!
4. ネジの位置を、ねじを上に持ち上げて外側に調整
固定用についている4つのネジはLGA1200/115xと1700で両対応するために幅が持たせてあります。
そのままですとネジの位置が合わないときがあります。ネジを上に持ち上げるとスライドしますので位置を調整してください
5. ヒートシンクを取り付ける
4箇所あるネジはバツを描くように右上、左下、左上、右下と順に少しずつ留めていきます。
一箇所を一気に留めてしまうと反対側が固定できません。
6. FANを留具でヒートシンクに固定する
このヒートシンクは上部の端が曲面になっていますのでFANと高さを合わせやすいです。

■■■軽く試してみた(検証)■■■
検証環境
CPU Core i7 13700K
マザーボード BIOSTAR Z790A-SILVER
メモリー TEAM TED532G4800C40DC01
ビデオカード ASUS DUAL-RTX3060TI-O8G
電源 750W GOLD
OS Microsoft Windows10 Home 64bit
グリス CPUクーラー付属のグリス

CINEBENCH R23
デフォルト時: スコア:26115 最大温度:100度
PLを125Wに設定: スコア:23495 最大温度:82度

FF XVベンチマーク フルHD 高画質
デフォルト時: スコア:13614 最大温度:92度
PLを125Wに設定: スコア:13681 最大温度:82度

*デフォルトはBIOS標準、このMBはデフォルトでPLの設定はなく温度でリミットがあたります。

そのため標準では限界までCPUパワーを出そうとしますのでクーラーの冷却能力を超えて100度で止まります。また途中で温度を調整するために電力も絞ります。そのためスコアも水冷等に比べれば落ち込みますが空冷としては十分な性能がでて着ると思います。PLの設定を125Wまで絞った場合はスコアも落ちますが負荷時でも約80度と十分な冷却ができています。

FF XVベンチマークではデフォルト設定のままでも温度がリミットに行くことなく終了しました。
ゲームをプレイ中はCPUよりもGPUの負荷が基本的に高いです。たまにCPUの負荷が高い時でも短時間のため冷却にしっかり対応できている結果ですね。わかりやすくPLを125Wにしてもゲームスコアはほぼ変わらずCPUの温度だけ下がっています。

■■■まとめ■■■
この結果からCPUのパフォーマンスをガンガン使う人には少し足りないかもしれないけどCore i5やK無しCPUを使う場合、ゲームや通常のブラウジング程度しかしない人には十分な製品といえます。
また組付けた写真を見ていただければわかる通りNZXT製だけあって今回チェックした白はNZXT製品のケースの白に合います。最近はホワイトの製品はいろいろ増えてきましたが買ってみると白もいろいろあり、少し違うなと思う場面もこれなら安心です。

■■■見た目重視!■■■
H5 Flow White にFシリーズのRGB FAN 140mm 2個パック「RF-R14DF-W1」をフロントに取り付けました。
FANの光り方が同じなので統一感があっていいですね。ホワイトで光らせましたがブルーもよかったです。
もっと光らせたいという方はリア120mm x1 トップ120mm x2 が取り付け可能です。
同じFシリーズRGBFANの120mm 3個パックホワイト 「RF-R12TF-W1 」1個
買うとよりライティングが強調されます。またフロントが強化ガラスでRGBFANが2個ついてくるH5 ELITE
との組わせもいいですね。

写真は
1.普通の明るさ
2.暗闇で映えが期待できる
3.H510にT120でテストの写真とT120RGB H5Flowでの組立時の写真
参考になった人4
nanamanaruさん 11ヶ月前

2セット購入5600で安定してます

128GBで5600で安定してます、
64GBで30030円で購入、
128GBでそれ以上の速度望むなら高速なネイティブ待つしかないような。
参考になった人4

2世代目AダイBOM固定で耐性もそこそこ

SKhynix DDR4 8Gbit(1Gbx8)初代Mダイではなく、第2世代Aダイ指定の掘り出し物。純正モジュールというだけでなくSKhinix正規代理店ルート品で容量を重視して安価なシステム構築、PC自作にはオススメです。自己責任になりますがOC耐性の低いMダイとは異なり1.35V手動設定であればそこそこ期待も。
参考になった人3
店頭スタッフ 2kさんスタッフ 1年前

費用対効果最強のゲーミングキーボード

osu!というゲームにて、世界上位プレイヤーの使用率が非常に高いことからこのキーボードの購入を決意しました。特にいいと感じた点は、うち心地が良すぎる点です。この製品はHyperX 赤軸を採用しており、通常のcherry赤軸とは少し違った打ち心地をしております。また、フルアルミフレームを採用しており、安定した打ち心地を実現しています。有名なfpsタイトルでも利用し、その有用性を実感しました。とにかく打ち心地がいいので、実際に店頭にきて触ってみてください!
参考になった人3

信頼のCrucial

Dell Inspiron 14 5420(2022モデル)用に購入。先にアマゾンで購入したCFD販売のメモリーは相性問題で使用できなかったが、Crucialの互換性リストにも掲載されているこちらは全く問題なし。
次回RAMを購入する際もCrucialを選択したい。
売価は安く、商品の出荷はいつも通り早い。Arkは店としての信頼性も自分の高では非常に高いので、次回も利用したい。
参考になった人3
GigabyteノートPC担当 Oさんスタッフ 1年前

ModelingHappyに本製品のレビューが掲載されました

綺麗な色で作業をする必要があるデザイナーさんから、データをチェックする際に入念に色をチェックする必要がある人などはAdobeRGB100%表示出来る液晶画面が搭載されているノートパソコンは中々ないので候補に入る1台とのこと、詳細は下記のレビューページからチェックしてみてください。
参考になった人3

大満足

動画の再生中などに画面の乱れが発生するようになったので、ネットサーフィンや動画の再生はAPU(iGPU)を使用し、
ゲームなど高負荷のものは外付けグラボ(dGPU)を使用しています。
非公式ではありますが、古井戸で動画のフレーム補完が出来るので大満足です。

CPUの性能は6C12Tで、一般的な使用用途なら十分な性能です。
グラフィックの性能も悪くはなく、3Dゲームも低設定にすれば60fpsが出るものも結構ありました。
最近のゲームや高画質で遊びたいなら外付けグラボが必要です。

僕の様に、サブグラフィックとしての利用、動画のフレーム補完を手軽に行いたい人
省エネネットサーフィン用PCを使いたい人におすすめのCPUです。

最近価格も落ちてきて、2万円弱で買えてしまうのは驚きです。
とてもコストパフォーマンスの良いCPUだと思います。
参考になった人3

コスパに優れたDDR4 3200メモリ

安く販売されていながらも、SKhynixの関連会社が出しているDDR4 3200で品質が高く
memtest86+も問題なく通過したのでとても良い製品だなと思いました。
参考になった人3
real-tsuyoposさん 11ヶ月前

見た目は、確かにダサい!

しかしながら、大手有名メーカーに比べると冷却性能は格段に上です。安定性については特に今のところ不具合はないですね。
ネームバリューで大金はたくよりも、こちらのほうが良いと思います。しばらくすれば、こちらも有名メーカーになって値段が上がってくるでしょうし、今が買い時だと思います。
参考になった人3
HFさん 8ヶ月前

Core i5 13500の選択肢があった貴重な存在

古の時代は自作もしてましたがここ数台はBTOばかりの古代人です。
ArkさんでのBTOは初となります。
Core i5 13500は自作専用的な立ち位置らしく圧倒的なコスパにも関わらずBTOに採用されている事がほとんどなくカスタマイズでの選択肢でも選べないところばかりでしたがArkさんだけが選択できたのが購入の大きな理由の1つでした。
RTX 3070(これも2023.6現在他店では採用例が少なかった)との組合せもゲームをする際に性能的にボトルネックになることもなく相性が良いと思えたのでこの時点でほぼ心は決まりました。
Core i5 13600は価格差がそんなになく性能もあがるのですが空冷では少し厳しそうな爆熱気味だという事でしたので、空冷で冷やしきれるくらいのパソコンにしたかったのでこのCPUとGPUの組合せがその中では最上位ではないかと思います。

メモリの増設カスタマイズも別途最安で購入して付け替えるとしても同等程度の金額差でできたのでとても良心的だと思えました。
microATXケースで組み立て後の内部の作業性は良いとは言えませんので、ある程度の自作経験が無い方はSSD増設等は購入時にカスタマイズされておくことをオススメします。
それに加えてセールで安くなっていたのもあり即決購入させていただきました。
ありがとうございました!
参考になった人3
k.osadaさん 8ヶ月前

7950X3Dとの組み合わせ

CPU:7950X3D(PBO-OFF,CO-OFF), MEM:F5-6000J3038F16Gx2(EXPO),
M/B:X670E-CARBON-WIFI(測定時FAN設定:ExtremePerformance), エアコン:25℃設定
==========
上記設定でCB23実行時に最大79.5℃でした(スクリーンショット添付)。
とても良く冷えている部類で、フラグシップモデルとして相応しい性能だと思います。

性能的にはとても満足しているのですが、気になることが一つ。
少なくとも12時間程度安ませた後に起動すると仄かに臭います。数十秒間くらい。
臭いがするようになった前後の違いはこの製品の有無だけなので臭いの元はほぼ間違いないです。
クーラントの類の臭いに近い気がしますが実際何が臭っているのかはわかりません。
まぁでも製品保証期間が6年なので何かあっても安心ですね。

ちなみに個人的にはLCDは完全に不要なので評価対象外です。無くして安くしてくれたほうが断然売れると思います。
参考になった人3
merrymakeさん 8ヶ月前

大変満足しています。

カスタマイズ調整が多かったため当初3~4週間の予定でしたが2週間ほどで到着しました。
IntelマザーはCPU2世代で交換になってしまうためマザーを長く使用できるAMDのこちらを選択しました。
梱包状態や起動後も全く問題なく安定稼働しています。よい買い物をさせていただきました。
将来的にCPU載せ替え等必要になった場合はまた利用したいとおもいます。
参考になった人3
ASRock原口さんメーカー 1年前

最速CPUを最速インターフェースで!

御覧いただきありがとうございます。
こちら製品は2022年9月時点で最速のマルチコア性能を誇る5000番台RYZENスレッドリッパー搭載可能マザーボードです。
Creatorの名前の通りIntel10GLANが2ポート(X710)プラスUSB4(thunderbolt4)をオンボード実装した贅沢マザーボードです。
計算機用途にも使えるようにオンボードグラフィックスも搭載しておりますのでフルレーンに計算用GPUを搭載した場合でも
映像出力は可能になります。
詳細はASRock Japan公式生放送にて製品の実装パーツレベルで紹介しておりますのでご確認よろしくお願い致します。
参考になった人2

Micron製のダイで手堅く

今更感もあり、見る人もいないでしょうし果たして参考になるかわかりませんが…
主な使用環境
CPU : AMD Ryzen 7 5800X3D
MB : BIOSTAR X370GT5 (AGESA ComboAM4 PI V2 1.2.0.7適用後)

当メモリを1組、16GBを2枚で32GBです。
ダイは2021年28週製造のMicron 8Gbit J-dieでした。8Gbit J-dieは2020年の頭には出回っていたので、もう熟成しきっていそうですね。DDR4はもう16Gbitのダイが主流なのでそちらを買いたかったのですが、当ショップには在庫が無いようで、仕方なくこちらを購入しました。ただ16Gbitダイのものは環境によって正しく認識されるかが曖昧なので、確実を狙うなら8Gbitのものが良いかもしれません。
Intel、AMD共にDDR5世代へ移行したので、今後はECC付きDDR4メモリのリテール販売は縮小していくのでしょうかね。

電圧は上げずに軽くOCをしてみましたがエラーを吐くことも無く常用できそうでした。
参考になった人2
スタッフMさんスタッフ 1年前

SteelSeriesのオリジナルスイッチが一際優秀なテンキーレスモデル

『OmniPointスイッチ』というSteelSeriesのオリジナルスイッチを搭載したキーボードとして大人気の商品です。キーが反応するスイッチアクチュエーションポイントが0.4mm~3.6mmまで調整可能。ゲーミングキーボードの多くで採用されているCherry MX軸スイッチのアクチュエーションポイントが2.0mmとなっている事から、本製品の異様なまでの短さが分かるかと思います。

Steelseriesデバイス専用のツール「SteelSeries Engine 3」によって個別のキーを細かく設定が出来ます。FPSゲームなら”WASD”キーのみ短くして誤爆しやすい周りのキーは深めにしたり、FPS以外であれば”QWER”を…と言った具合にメインで遊ぶゲームで変える事が出来ます。またプリセット登録する事で特定のゲーム起動時には自動で変更する事も出来ますので、色んなゲームを遊ぶ人でも有効に活用する事が出来ます。

キーボードのフレームは頑丈で耐久性も高く、有機ELディスプレイにプリセット状況を表示させたり、メディアキーが搭載されていたりと、各所に工夫を凝らした贅沢な仕様となっています。キーボードの中では少し高額で手軽に手が出せない価格ではありますが、それでも十分に価格に見合った性能を備えた商品です。
参考になった人2
アークスタッフ早田さんスタッフ 1年前

「Digital DIY」で紹介されました

「Apex Legends」プレデターRushGamingのLight選手にレビューしていただきました。
第12世代 Intel Core i7 プロセッサーやミドルハイクラスまでのグラフィックカードへのカスタマイズなど、予算に応じたカスタマイズが可能です。
お部屋にあわせてPCケースをホワイトモデルにもカスタマイズ可能です。
参考になった人2
店頭スタッフ 2kさんスタッフ 1年前

ミドルクラス最強クラスのMini-ITX マザーボード

なるべく安くそして小さく、主にwordやexcel、たまに軽めのゲーム(valorant、overwatch等)をプレイするための構成を考える際にこちらの製品を採用しました。PCIe Gen4×4のm.2スロットがある、Mini-ITXである、Dr.MOSを採用しており電源フェーズ数が多い、無線ネットワークが利用できるなどの点が特に気に入りました。ちなみに電源フェーズ数は同メーカーの上位シリーズであるZ690と同じ8フェーズです。
さらにm.2を1台のみ採用する場合の付属ヒートシンク面積が非常に広く、よくm.2 SSDを冷やしてくれそうだなーと期待していたところ、私の利用するSamsung製980PROヒートシンク無しモデルをよく冷やしてくれています。ベンチマークでは、シーケンシャル、ライト性能ともに公式スペック通りの結果でした。現状最高クラスのm.2 ssdを十分に冷やすこともできて期待以上です(FANからの風などの影響など他の要因は考えないものとします。筆者は特に風を当てるなど意識していません)。
これらの点からこちらのマザーボード購入に至りました。また、ASRock製マザーボードは購入から3か月間のピン折れ保証も付いているので、初めて自作される方などにも安心してお勧めすることが出来ます。
参考になった人2
gx90ltdさん 1年前

とりあえず迷ったらこれ

4800MHzだけども手動でメモリOCして遊べます。
結果も悪くなかったです、OCメモリ買う前に一度お試しで買うのもいいですよ。
参考になった人2

最高

クソカスキーボードのキースイッチ換装用に購入しましたが、はっきり言って神です、まじ、ほんまに
私のキーボードには元々なんちゃってリニアなcherryの赤軸がついていたのですがこれがマジクソで、キーをたたく度に「きょい~んwww」って鳴きやがります。「いやそれはキーボード自体の問題やろ」と思われる方もおられるでしょうが、不思議なことにこのnavy軸に換装してからは全く鳴かなくなりました^ー^
私自身緑軸とかクリッキーなキースイッチが好きだったのでめちゃめちゃ満足しています。
アマゾンで買おうとすると死ぬほどぼったくりな価格で買う羽目になるのでアークさんまじさんくす
参考になった人2
ATSさん 1年前

RYZEN MASTERとARMOURY CRATEでのチューニングに大満足

Core-i7 6700から約7年ぶりの自作です。AMDはAthlon-XP以来なので実に20年ぶりです。
このため熱対策に自信が持てずX7700とNH-D15の組み合わせを選択してみましたが、ARMOURY CRATEのおかげで拍子抜けするくらい扱いやすくて驚きました。
まず意外にもうるさかったNH-D15がAI Cooling IIを適用した途端にほぼ無音になりました。
次にRYZEN MASTERのエコモード適用でWが下がったうえにシングルコアの性能はほぼ変わらず。
半月ほど24時間運用していますが非常に安定しています。

なおPCケース(今となっては懐かしいWindyのPrism2005SP)の制約から、DH-D15はメモリーへ向けた排気で使っています。
このため、CPUファンが電源回りのヒートシンクと干渉してしまいました。
もったいないですが、マザーボードのヒートシンクを外し代わりにSSDにつけていた小型ヒートシンクを載せています。
参考になった人2
acrisさん 1年前

全力だと台風のよう

360mm水冷のファンを交換しました。
通常時は1000rpm前後で使用してます、ほぼ無音。さすがノクチュア。
フルロード時にはサーバールームのような轟音が響き渡ります。
標準ファンより8~10度くらい下がりました。
PC用としてはかなりオーバースペックなので通常は2000回転か1500回転の製品で十分だと思いますが
とにかく全力で冷却したいならこれです
参考になった人2

扱いやすいマザーボード

ピップセットZ600シリーズより比較的に価格が高くなってきている中でZ700シリーズでも同様です。
でもTUF Gaminng シリーズはコスパは良い方です。
BIOS設定においてもASUSらしい自動の設定も設けられており初心者でもお勧めだと思います。
私は、いつもASUSのマザーボードしか購入しません。
性能は世界一です。
参考になった人2
朴建泰さん 1年前

バランスが良い。

全4090OCラインアップの中で低コストでありながらなかなかいい性能を出してくれます。
クーリングもちゃんと冷やしてくれるので満足しています。

*ここは個体差があるかも
コイル鳴きは少しありますが無視できるほど小さいしロード率によって音が大きくなったりもしません。
クーリングファンの場合0RPMから回り始めたらちょっとうるさく感じます。
参考になった人2
Ryo86さん 1年前

CPU+グラボかAPUか迷ってる方

メモリにもよりますが今出回っている7割ぐらいのゲームはFHD標準品質設定ならば動いちゃいます
がっつりゲームやる人は迷わずグラボを買うでしょうから迷ってる人はこれでいいと思います
TDP65wなのでやや小さめのサイドフローでも十分冷やせます
intelの内蔵グラフィックとは段違いの性能でした
参考になった人2
たろうさん 1年前

キーキャップに注意

商品ページにpbtキーキャップとの記載がありましたが、absキーキャップが取り付けられていました。非常に残念です。
参考になった人2
×




カートに商品が追加されました X