image

低価格化を実現した大容量10TB HDD 2モデル「WD Red」と「WD Purple」がウエスタンデジタルから

Western Digitalの3.5インチSATA接続タイプのハードディスクドライブ「WD Red」と「WD Purple」シリーズからぞれぞれ比較的低価格な大容量10TBモデルが登場。 監視システム向けWD Purpleシリーズから「WD100PURZ」、 NAS向けのWD Redシリーズから「WD100EFAX」が新規ラインアップ。

ビュー: 9367
公開日: 2017-06-02 (更新 2017-06-11)

WD HDDシリーズに大容量10TB 2モデルが追加ラインアップ

image

Western Digital(ウエスタンデジタル)の6Gbps SATA接続、3.5インチサイズの内蔵型HDD(ハードディスクドライブ)に大容量10TBタイプが2モデル追加ラインナップ。

image
image

入荷した製品は、監視システム向けのWD PURPLE SURVEILLANCE HARD DRIVE 「WD100PURZ」と、NAS1~8台向けのWD RED NAS HARD DRIVE 「WD100EFAX」の2モデルでそれぞれ容量10TB、回転数5400RPMクラスの製品でどちらもシリーズ最大容量モデルとなる。

両モデル共にヘリウムガスを充填した「HelioSeal」技術を採用した製品で、見た目と基本スペックは似ているがそれぞれ目的に特化したチューニングが施されている。

WD PURPLEは年間ワークロード率180TBによる信頼性のアピールやAllFrame 4K™テクノロジーによりコマ送りのエラーや停止の防止などは24時間365日常時稼働の高解像度監視セキュリティシステム向けに適している。

WD REDは家庭や小規模オフィス向けのNAS用HDDとして独自のNASware™ 3.0機能のサポートや複数同時稼働時の共振対策、NAS機器との互換性の高さなどをアピールしている。

ウエスタンデジタルとしてはWD Goldシリーズの10TBモデル「WD101KRYZ」に加え合計3モデルが容量10TBに到達した事になる。

その他の仕様については、モデル毎にスペックが細かく異なる為、違いを以下の表にまとめてみた。

シリーズ WD Purple WD RED WD RED PRO WD Gold
モデル番号 WD100PURZ WD100EFAX WD101KFBX WD101KRYZ
容量 10TB 10TB 10TB 10TB
回転数 5400RPM 5400RPM 7200RPM 7200RPM
キャッシュ 256MB 256MB 256MB 256MB
転送レート 210MB/s 210MB/s 240MB/s 249MB/s
MTBF 100万時間 250万時間
動作音(idle/seek) 20dB/29dB 20dB/29dB 20dB/36dB
重さ 0.65kg 0.65kg 0.66kg
保証期間 3年 3年 5年
発売日 2017年6月2日 2017年6月2日 2017年6月6日 2016年8月27日

パフォーマンスや耐久性に違いはあれど「WD Gold」を比べ価格は大幅に安い。 相場観的にはSeagateのNASや監視システム用に対抗する価格設定となっている。

ちなみにWD Purpleの10TBは5月18日に先行してアキバの一部ショップで販売が開始されているが、今回の正式販売開始時では1万円以上価格が下がっている。

大容量10TBタイプも選択肢が増え、今後さらなる大容量化も進むHDDカテゴリはSSD同様まだまだ注目のジャンルと言えそうだ。

[2017-6-7 追記]上位モデルWD Red PROも登場

最大16台までのNASソリューションに適したHDD
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。