image

キングストンから8千円台のDDR4ノート用16GBモジュール登場、ビットクロスも

キングストンテクノロジー汎用ノートPC、NUC向けブランド「ValueRAM Series」から1枚で16GBの大容量を実現したメモリーキット「KVR21S15D8/16」がパソコンSHOPアークおよびアークオンラインストアで販売されている。 といってもDDR4 16GBモジュールは既に各社から販売されており注目すべきポイントは16GBモジュールのリリースではなく、8GB×2枚組よりも価格が安い、いわゆるDDR4 4Gbit DRAMと8Gbit DRAMがビットクロスしている所にある。

ビュー: 3385
公開日: 2016-03-17
関連タグ:

DDR4ノート用メモリーがビットクロス

image

260pin DDR4-SODIMM、いわゆるSkylake世代DDR4採用タイプ向けの16GBモジュールは、ノートPCやNUCなどメモリーの増設スロット数が限られている環境で大容量メモリー(32GBなど)を増設したい場合に必須となるが割高なのがデメリットだった。

image

しかし、ついに今回入荷したメモリーにより状況は逆転、2016年3月17日現在のアークオンラインストア販売価格は8GbDRAMを採用した16GBx1枚の「KVR21S15D8/16」が税込8,980円、8GBの「KVR21S15D8/8」が税込4,548円、2枚(16GB)換算で税込み9,096円となっている。

オンラインストア価格で比較

NUCやハイスペックノートの大容量メモリー増設に必須な16GBモジュール、DDR4 8Gbit DRAMを採用している。

同社8GBタイプ、このモデルは4Gbit DRAMを搭載しているのでどちらも2Rank 16Chip両面実装構成となっている。

今後のDDR4マーケットは8Gbit DRAMが主力に

image

今回、DDR4 S.O.DIMM 16GBモジュールがビットクロスした事により、今までメモリーメーカーの主力だった4Gbit DRAMに代わり8Gbit DRAMへシフトしてきている事が伺える。

ハイスペックなノートが一般的に普及している今、為替が円高に進み一段落、DDR4メモリーの価格の下落も落ちつき気味のこのタイミングで思い切って16GBx2枚で32GBの大容量増設をしてみるのもアリかもしれない、何にせよ増設スロット数の少ないノートやNUCを使用、もしくはこれから購入するユーザーにとって朗報である事は間違い無さそうだ。

さらにパソコンショップアーク秋葉原店舗では3月17日~23日までビットクロス記念として店舗、数量限定特価も行っているとのこと。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。