image

定格1.1Volt SPD動作選別のDDR5 5600MT/s 16GB2枚組 32GBデスクトップ用メモリー3モデルがTEAM ELITEシリーズから登場

TEAMのELITEシリーズから288Pin DDR5-5600(PC5-44800) 16GBモジュール2枚組32GBメモリーキット計3モデルがアキバに登場、2022年10月17日(月)より一部のPCショップなどで販売を開始している。 第13世代Coreプロセッサーに対応する定格電圧1.1volt DDR5-5600 CL46のJEDEC SPDスペック動作で選別された独自ソーティングDRAMを採用。

ビュー: 3148
公開日: 2022-10-18

ヒートスプレッダ無しのELITEとヒートスプレッダ付きのELITE PLUS

image

TEAMのELITEシリーズから288Pin DDR5-5600(PC5-44800) 16GBモジュール2枚組32GBメモリーキット計3モデルがアキバに登場、2022年10月17日(月)より一部のPCショップなどで販売を開始している。

入荷、販売を確認したのはELITEシリーズから「TED532G5600C46DC01」。ELITE PLUSシリーズからブラックカラーヒートスプレッダモデル「TPBD532G5600HC46DC01」、シルバーカラーヒートスプレッダモデル「TPSD532G5600HC46DC01」の計3モデル。

image

主な共通特長は、第13世代Coreプロセッサーで標準化されるDDR5 5600MT/sに対応すべく定格電圧1.1volt DDR5-5600 CL46のJEDEC SPDスペック動作で選別されたTEAM独自のソーティングDRAMを採用している点で、ELITEモデルはヒートスプレッダ無し、ELITE PLUSはシルバーカラー(スカイブルーライン)とブラックカラー(ゴールドライン)の2バリエーションのアルミ製ヒートスプレッダが装着されている。

主な仕様は3モデル共に共通で、288Pin DDR5 Long-DIMMタイプ、non-ECC(DRAMにオンダイECCは内蔵)、速度はDDR5 5600MT/s(PC5-44800)、レーテンシはCL46-46-46-90、動作電圧は1.1Volt、プロファイルはJEDEC SPD、容量は16GBモジュールを2枚セットにした合計32GBのデュアルチャンネルキット。保証は限定ライフタイムとしている。

 
型番 TED532G5600C46DC01 TPBD532G5600HC46DC01 TPSD532G5600HC46DC01
シリーズ ELITE ELITE PLUS ELITE PLUS
メーカー Team Team Team
メモリー対応タイプ デスクトップPC用 デスクトップPC用 デスクトップPC用
メモリータイプ 288Pin DDR5-UDIMM 288Pin DDR5-UDIMM 288Pin DDR5-UDIMM
バッファー エラー検出機能(ECC) Unbuffered non-ECC Unbuffered non-ECC Unbuffered non-ECC
メモリープロファイルタイプ SPD SPD SPD
SPD メモリー速度 DDR5-5600/PC5-44800 DDR5-5600/PC5-44800 DDR5-5600/PC5-44800
SPD レイテンシー / 電圧 CL46-46-46@1.1Volt CL46-46-46@1.1Volt CL46-46-46@1.1Volt
合計メモリー容量 32GB 32GB 32GB
容量構成 16GBモジュール x2枚セット 16GBモジュール x2枚セット 16GBモジュール x2枚セット
マルチチャンネル対応 デュアルチャンネル デュアルチャンネル デュアルチャンネル
RANK数(1枚辺り) 非公開 非公開 非公開
チップメーカー 非公開 非公開 非公開
チップ数 / チップタイプ 非公開 / 非公開 非公開 / 非公開 非公開 / 非公開
ヒートスプレッダー / カラー 非搭載 搭載 / 黒(ブラック) 搭載 / 銀(シルバー)
発光ユニット / LEDカラー 非搭載 非搭載 非搭載
モジュールタイプ JEDEC準拠 -- --
モジュールカラー 黒(ブラック) -- --
保証期間 限定ライフタイム保証 限定ライフタイム保証 限定ライフタイム保証
発売日 2022-10-17
2022-10-17
2022-10-17
アーク参考価格 読み込み中 読み込み中 読み込み中
  製品詳細 製品詳細 製品詳細

主にRaptor Lakeこと第13世代インテルCOREプロセッサーシリーズ向けに開発された製品だが一応AMD Ryzen 7000でも動作は可能、ただしSPDプロファイルでの起動時は仕様通り2枚組でDDR5-5200動作となり、パフォーマンスリカバリープロファイル設定時でDDR5-5600となるがオウンリスクとなってしまうのでTEAMとしてはDDR5-5200モデルを別途ラインアップしてきているが単純に選別された能力と価格差を考えると今回のDDR5-5600モデルの方が使い勝手が良いかもしれない。


関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。