image

Bluetooth対応「Xboxコントローラー」のUSBケーブル同梱版が発売

マイクロソフト製ゲームパッド「Xbox Controller」にWindows PC接続用のUSBケーブルが同梱された「Xbox Controller + Cable for Windows 」が発売された。有線でもワイヤレスでも接続でき、Xboxでも快適にプレイできる最新モデルだ。

ビュー: 13397
公開日: 2017-02-02

振動機能を備えた無線/有線両対応ゲームパッド

image
image

Xbox Controller + Cable for Windowsは、Bluetooth経由のワイヤレス接続と、同梱のUSBケーブル(Micro USB)によるワイヤード接続にも対応したPC/Xbox用ゲームパッドだ。

昨年(2016年)に発売されているXbox One ワイヤレスコントローラーのカラーをブラックにし、USBケーブルを付属した製品となり、Windows 10搭載デバイスではBluetoothによるワイヤレス接続、Xbox One/One Sでは2.4GHz/5GHzでのワイヤレス接続が可能となっている。

PCでのBluetooth接続に関してだが、対応OSはWindows 10のみ(厳密にはWindows Anniversary Update を実行している Windows 10デバイス)となっているのに注意が必要だ。USBケーブルを使用してのワイヤード接続であればWindows 8.1/7での使用も可能となっている。

また、タブレット等のモバイル機器でもBluetooth接続が可能だが、あくまでWindows 10搭載デバイスのみとなり、AndroidやiOS機器では使用できない。

その他の特徴

  • ボタン数:11個
  • 長時間使用に適したエルゴノミクス デザイン
  • 反応のよい左右スティックと改良された方向パッド
  • 新しいグリップのテクスチャー加工により操作性が向上
  • 3.5mmステレオ オーディオ ジャック搭載
  • 振動機能「リアルトリガー」によるリアルな臨場感(振動機能対応のゲームのみ)

尚、ワイヤレス接続時に必要なバッテリは単3アルカリ乾電池x2となり、動作接続時間は約40時間※となっている。(※使用状況により異なる)

image
image
image

Xbox 360 Controller for Windows(52A-00006)の評判が良かったので本製品も期待が高まるが、 PCでのBluetooth接続はOSがWindows 10のみ対応となっている点が気になるユーザーもいるだろう。また、Bluetoothは機器との相性やゲーム側の対応(パッドの認識)も関連してくるので、全てのゲームで使用OKといかない可能性も出てくる。無線接続の場合は若干の不安要素があるのも事実だが、コントローラー自体は従来モデルから改良が加えられ使い勝手も向上しており今まで以上に完成度の高いモノとなっているので、USBケーブルの併用、または有線のみでの使用であれば、PC用ゲームパッドの購入の際は第一候補になり得る製品であろう。

製品仕様

image
製品名 Microsoft Xbox Controller + Cable for Windows
メーカー マイクロソフト
型番 4N6-00003
発売日 2017年2月2日
ボタン数 11個
振動機能 あり(振動機能をサポートするゲームに限る)
無線(ワイヤレス)接続
接続方式 Bluetooth (Windows 10デバイスのみ無線接続可能),2.4 / 5 GHz (Xbox One/One Sでのみワイヤレス接続可能)
必要バッテリ 単3アルカリ乾電池2本
動作接続時間 約40時間 (*使用状況により異なります)
有線接続
接続方式 USB 2.0
必要バッテリー 不要
サイズ
大きさ 縦 102×横 153×高さ 61 (mm)
重さ 約 230 g (電池含む)
ケーブル長 約 2.7 m
その他
保証期間 1年
同梱物 本体、USBケーブル、クイックスタートガイド、規則及び保証書ガイド
ワイヤレス(Bluetooth)とワイヤード接続が可能なPC/Xbox用コントローラー
取扱終了
詳しく見る

関連記事