image

速度最大2050MB/s、ウエスタンデジタルのNVMe SSD「WD Black PCIe SSD」販売開始

Western Digital(ウエスタンデジタル)から同社初となるコンシューマー向けPCIe Gen3接続NVMe転送対応M.2 2280 SSD「WD Black PCIe SSD」シリーズ「WDS256G1X0C」、「WDS512G1X0C」2モデルが2017年3月10日(金)より日本国内でも販売を開始した。 シーケンシャルリード最大2050MB/sの高速転送、MTTF175万時間と5年の長期保証が付帯。

ビュー: 4108
公開日: 2017-03-10 (更新 2017-03-12)
関連タグ:

HDDでお馴染みのウエスタンデジタルの「SSD」が販売開始

image

Western Digital「WD Black PCIe」シリーズは同社初のコンシューマー向けPCIe Gen3 x4接続、NVMe転送タイプのM.2 2280 SSD。

256GBタイプの「WDS256G1X0C」と、512GBタイプの「WDS512G1X0C」2モデルが2017年3月10日(金)より販売を開始、ただし流通量は少な目。

image

TLC NANDMarvell 88SS1093の組み合わせによりシーケンシャルリード最大2050MB/s、ライト最大800MB/s(512GBモデル)700MB/s(256GBモデル)を実現している。

また、同社独自のFunctional Integrity Testing Lab(FIT Lab™)認定により高い互換性を実現、WD SSDダッシュボード(要ダウンロード)によるドライブ状態の管理や、ACRONISソフトウェア(要ダウンロード)によるクローンの作製などサポート関連も充実している。

MTTFは175万時間で保証期間はメーカー5年間が付帯する。

スペック詳細については容量毎に異なるため表を参照してほしい。

WD BLACK PCIE SSD 容量 連続読込 連続書込 ランダム読込 ランダム書込 MTTF TBW
PCIe Gen3.0 x4 NVMe M.2 2280
WDS512G1X0C 512GB 2050MB/s 800MB/s 170K IOPS 134K IOPS 175万時間 160TB
WDS256G1X0C 256GB 2050MB/s 700MB/s 170K IOPS 130K IOPS 175万時間 80TB
WDS256G1X0C
税込価格: 14,980円
詳しく見る
WDS512G1X0C
6% OFF
税込価格: 24,980円
詳しく見る
image

WDブランドSSDはパフォーマンスモデルのWD SSD BLUE、エントリーモデルのWD SSD GREENシリーズが先行して発売されており秋葉原でもよく見かける定番のSSDとなりつつある。

そんな中3つめのシリーズとして自作ユーザー注目のPCIe NVMe高速転送タイプのM.2 SSD「WD BLACK PCIe SSD」を投入する事でさらなるシェア向上を目指す事になる。

気になる点としてはシーケンシャルライトがどちらかと言えばintel/Micron寄りのパフォーマンスでSamsungなどを比べて若干劣る事だがTLC NANDの特性上仕様がないのかもしれない。

そしてサーマルスロットリングの最適化がはかられている点も気になる所、強制冷却機器に頼らずどこまでパフォーマンスをキープできているのか、それ次第では価格的にもバランスの良い製品として人気、定番化するのではとショップ店員的には地味に期待したい所だ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)