image

アルミ削り出し曲面パネル採用、SilverStoneからフロント造形美とエアフローを両立させたATXケース「SETA A1」

SilverStoneからフロントパネルに曲線デザインのアルミパネルを採用し見た目の美しさとエアフローを同時に表現したATXケース「SETA A1」シリーズ3カラーバリエーションが登場、2019年12月18日(水)より販売を開始している。 フロントに2基の200mm給気ファンを備え、ARGBによる間接照明的なライティングアプローチの採用、360mmラジエータや350mmのグラフィックスカードまで対応する増設性など同社の次世代デザインを用いたATXフォームファクタ対応コンセプトPCケース。

ビュー: 4073
公開日: 2019-12-23 (更新 2019-12-24)
関連タグ:

復活の狼煙になりそうなSilverStone新デザインケース

image

SilverStoneからフロントパネルに曲線デザインのアルミパネルを採用し見た目の美しさとエアフローを同時に表現したATXケース「SETA A1」シリーズ3カラーバリエーションが登場、2019年12月18日(水)より販売を開始している。

image
image
image

販売を確認したのはローズゴールドカラーの「SST-SEA1GW-G」、チタニウムブラックカラーの「SST-SEA1TB-G」、シルバーブラックカラーの「SST-SEA1SB-G」で3タイプ共にサイドパネルはガラス仕様。

image
image

主な特長は、肉厚のアルミ削り出しパネルをフロントに採用、ARGBによる間接照明的なライティングアプローチなど高級感のあるフロント周りやサイドパネルに強化ガラスを採用し魅せる要素を要所に盛り込んでいる従来のシルバーストンのイメージとは異なるハイセンスな外観。

image
image
image
image
image

また実機能部分では、225(W)x432(D)x470(H)mmとミドルタワークラスでは狭奥行でコンパクトの部類にはいるサイズながらフロントに2基の200mm給気ファンを標準搭載、360mmラジエータや、高さ175mmまでのクーラー、長さ350mmのグラフィックスカードまで対応できる増設性なども備えている。

ただし詰込み系なので電源は奥行180mmまでとなるので留意したい、またパネル素材もケチらず各種厚めに戻しているので重量は8.48Kgと重め。

SST-SEA1SB-G
税込価格: 18,590円
詳しく見る
SST-SEA1TB-G
税込価格: 18,590円
詳しく見る
SST-SEA1GW-G
税込価格: 18,590円
詳しく見る

関連動画、記事など


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。