image

GAINWARD、ARGBイルミネーション搭載3連セミファンレス対応GEFORCE RTX3080 LHR搭載グラフィックスカード「GeForce RTX 3080 Phantom V1」登場

GAINWARDからオリジナル3連セミファンレス仕様2.7スロット占有のNVIDIA GEFORCE RTX 3080 LHR GPU搭載デスクトップPC用PCI-Express (4.0) X16接続対応ゲーミンググラフィックスカード「GeForce RTX 3080 Phantom V1 (型番:NED3080U19IA-1020P-G-V1)」が登場、2021年11月24日(水)より販売を開始している。

ビュー: 1023
公開日: 2021-11-26

セミファンレス仕様2.7スロット占有トリプルファンクーラーとメタルバックプレート、8Pinx3構成のRTX3080 LHRカード

GAINWARDからオリジナル3連セミファンレス仕様2.7スロット占有のNVIDIA GEFORCE RTX 3080 LHR GPU搭載デスクトップPC用PCI-Express (4.0) X16接続対応ゲーミンググラフィックスカード「GeForce RTX 3080 Phantom V1 (型番:NED3080U19IA-1020P-G-V1)」が登場、2021年11月24日(水)より販売を開始している。

image

特長はセミファンレス仕様のIP5X防塵適合のオリジナル強化ブレード形状のダブルボールベアリングファンを3基搭載した2.7スロット占有クーラーとメタルバックプレートを組み合わせた堅調な冷却能力を有する冷却ユニットと、補助電源 8Pinx3と拡張された供給電力により高負荷での安定した動作を実現している点。

image

先日発売を確認した「GeForce RTX 3080 Phantom+ (型番:NED3080U19IA-1020M-G)」との主な違いは3連ファンクーラーで、ARGB発光箇所もカード側面が光るのに対し今回発売のモデルはオリジナルクーラー3連ファン上部が発光する。なお、マザーボードのARGBピンとつないだライティング効果の同期「ARGB SYNC」は今回のモデルは非対応となっている。

image

主な仕様は、対応バスインターフェースはPCI-Express (4.0) X16、GPUにNVIDIA GEFORCE RTX 3080 LHR、CUDAコア数は8704、GPUブーストクロック1750MHz (OC)、メモリーはGDDR6X 10GB、メモリクロック1187.5MHz(メモリスピート19.5Gbps)、メモリバス幅320bitなど。

image

画像出力はDisplayPort 1.4a x3、HDMI 2.1 x1ポート構成で最大4画面出力に対応、補助電源コネクタは8pin x3、サイズは304(L)mm x136(W)mm x57(H)mmで2.7SLOT占有などで保証期間は代理店1年としている。

NVIDIA GeForce RTX 3080を搭載。セミファンレス仕様2.7スロット占有トリプルファンクーラーとバックプレートを採用するグラフィックボード。LHR(Lite Hash Rate)バージョン。
NED3080U19IA-1020P-G-V1
税込価格: 144,800円

送料無料

新発売

お一人様1個限り
詳しく見る

Gainward

Gainward(ゲインワード)について

1984年に設立されたグラフィックボードの製造販売を手掛けるメーカーで、本社オフィスを台北(台湾)に構え、全世界に向け製品を供給しています。また、NVIDIAのTier1パートナーであるPALIT Groupであることも知られています。 自社のエンジニアによって開発された独自の冷却システムやオーバークロック機能を採用した製品企画と圧倒的な供給力を背景に業界内での高いシェアを目指しています。

>> Gainward商品一覧

>> メーカー公式

関連記事

ライター

チャンプ

フリーライター、元パーツSHOP店員のスキルを活用してレビューや記事を執筆。趣味のカメラを活かして家族や風景写真を撮りまくる熱烈パパ。