image

SSDとグラボが合体、背面にM.2 SSDが搭載可能なGEFORCE RTX 4060 Ti 8GBグラフィックスカード「ASUS DUAL-RTX4060TI-O8G-SSD」登場

ASUSのからNVIDIA GEFORCE RTX 4060 Ti GPU 8GBメモリー版を採用したデスクトップPC向けPCI-Express 4.0X16スロット対応グラフィックスカード背面にストレージ用のM.2 2280スロット1基が組み込まれた「ASUS DUAL-RTX4060TI-O8G-SSD」が登場、2024年3月1日(金)より取り扱いショップなどで販売を開始している。空いているPCIe 4.0 X8分の帯域を活用しシーケンシャルリード最大12000MB/s、シーケンシャルライト最大11000MB/sとPCIe 5.0 X4相当のデータ転送を実現している。

ビュー: 3216
公開日: 2024-03-03

M2 SSDが搭載可能なGEFORCE RTX4060 Ti GPU 8GBメモリー搭載デスクトップPC用グラフィックスカード

image

ASUSのからNVIDIA GEFORCE RTX 4060 Ti GPU 8GBメモリー版を採用したデスクトップPC向けPCI-Express 4.0X16スロット対応グラフィックスカード背面にストレージ用のM.2 2280スロット1基が組み込まれた「ASUS DUAL-RTX4060TI-O8G-SSD」が登場、2024年3月1日(金)より取り扱いショップなどで販売を開始している。

image

「ASUS DUAL-RTX4060TI-O8G-SSD」は一見、NVIDIA GEFDORCE RTX 4060 Ti GPUにGDDR6 8GBメモリーを搭載した普通のデスクトップPC向けビデオカードに見えるが、大きな特長としてカードのバックパネル部分にM.2スロットを1基搭載しており、ストレージ向けのM.2 SSDを増設する事が可能な特殊ともいえる機能を備えている。

image

留意点としては、マザーボードによっては上手く動作しない場合もあるとの事で,メーカー公式サイトで対応するマザーボードと,動作確認済みのSSDのリストを公開しているので組み合わせなどチェックしておく事をオススメしたい。

image

少し掘り下げると、GEFORCE RTX 4060 TiはPCIe4.0 X16形状のスロットを実装しているが帯域としてはPCIe4.0 X8に制限されており、帯域を使いきっていなかった、この余ったPCIe4.0 X8帯域をM.2 SSD用に活用出来る様、カード背面にM.2スロットを実装。その結果、PCIe5.0×4接続対応のマザーボードとGen5X4対応のハイエンドSSDを組み合わせた場合シーケンシャルリード最大12000MB/s、シーケンシャルライト最大11000MB/sと最大でPCIe 5.0 X4相当のデータ転送が可能としている。

主なスペックは、PCI-Express (4.0) X16スロット対応(GPUでX8、SSDでX8帯域を使用)、GPUにNVIDIA GEFORCE RTX 4060 Ti、CUDAコア数は4352、GPUブーストクロック2565MHz (OCモード時GPUブーストクロック2595MHz)、メモリーはGDDR6 8GB、メモリクロック2250MHz(メモリスピート18Gbps)、メモリバス幅128bitなど。

image

画像出力はDisplayPort 1.4a x3、HDMI 2.1 x1ポート構成、補助電源は 8Pin x1、サイズは227.2(L)mm x123.24(W)mm x49.6(H)mmで2.5スロット占有タイプ、グラフィックスカード電力は160W/推奨システム電力は650W、保証期間は1年保証が付帯する。

NVIDIA GeForce RTX 4060 Tiを搭載。カード背面にM.2 SSDスロットを搭載!セミファンレス仕様2.5スロット占有デュアルファンクーラーとバックプレートを採用するグラフィックスカード
DUAL-RTX4060TI-O8G-SSD
税込価格: 78,680円

送料無料

詳しく見る

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。