image

LEDで温度を知らせるオールインワン簡易水冷ユニット「Antec Mercury」シリーズ登場

3つのカラーで温度を知らせるリアクティブLED発光機能を搭載したCPU簡易水冷クーラーAntec ALL IN ONE LIQUID COOLER Mercuryシリーズが登場、2017年6月10日(金)より販売を開始している。 120mmタイプ「Mercury 120」、240mmタイプ「Mercury 240」、360mmタイプ「Mercury 360」の3サイズバリエーションラインアップでAMD Ryzenプロセッサーにも対応。

ビュー: 2207
公開日: 2017-06-12 (更新 2017-06-13)

3つのカラーで温度を知らせるリアクティブLED発光機能搭載

image

「Antec ALL IN ONE LIQUID COOLER Mercury」は3つのカラーで温度を知らせるリアクティブLED発光機能を搭載した銅製冷却ブロックを採用したメンテナンスフリー設計のオールインワン水冷CPUクーラー。

image
image
image

120mmタイプ「Mercury 120」、240mmタイプ「Mercury 240」、360mmタイプ「Mercury 360」の3サイズバリエーションがラインアップされ2017年6月10日(金)より販売が開始されている。

image

主な特長は、ポンプヘッド部分に実装されたLEDの発光色により温度を知らせるリアクティブ機能を搭載している事。

具体的には、リアクティブLEDは35度以下でブルー、36度~40度でグリーン、41度以上でレッドに光るが、単純にイルミネーションとして使うよう設定する事も可能。

ラジエーター冷却用のファンはブルーLED固定なのでその点は留意しておきたい。

その他のアピールポイントとしては、流量3.5L/minの大容量ポンプ、放熱性を高める0.28mm極細フィラメント、高耐久グラファイトベアリングとセラミックシャフト、高品質PTFEチューブの採用など。

image

主な共通仕様として、冷却ファン(1基辺り)の回転数は、900~1800RPM±10%、ノイズは20~30dBA、風量は73.31CFM、静圧は2.25mm-H2O、MTBFは40,000時間。 ポンプのノイズは最大26dBA、MTBFは50,000時間でメーカー5年保証が付帯する。

対応ソケットはINTEL LGA 2011/1366/1156/1155/1151/1150/775、AMD Socket AM4/ AM3+/ AM3/ AM2+/ AM2/ FM2など、AMD Ryzen(Socket AM4)やインテル定番ソケットには一通り対応している。

型番 Mercury 120 Mercury 240 Mercury 360
サイズ 154x119x27mm 274x119x27mm 394x119x27mm
付属品
120mm ブルーLEDファン x1 x2 x3
ユニバーサルバックプレートとスペーサー 各1 各1 各1
AMD AM4専用バックプレート x1 x1 x1
Intel専用、AMD専用ブラケット 各1 各1 各1
ブラケット固定用スクリュー x1 x1 x1
ユニバーサルスクリュー x1 x1 x1
スクリュガイドち固定キャップ 各1 各1 各1
LGA2011専用スクリュガイドとスペーサー 各1 各1 各1
ファンスクリュー x1 (全4個) x2 (全8個) x3 (全12個)
ファン固定用スクリュー x1 (全4個) x2 (全8個) x3 (全12個)
ラジエータ固定用スクリュー x1 (全4個) x2 (全8個) x3 (全12個)
ワッシャー x2 (全8個) x3 (全12個) x4 (全16個)
サーマルグリス x1 x1 x1
クッション x1 x1 x1
ポンプ用給電ケーブル x1 x1 x1
4ピン電源コネクタ分配ケーブル、2分岐、3分岐用 各1 各1 各1
本体重量 約740g 約880g 約1020g
パッケージサイズ 283x213x150mm 325x205x160mm 460x220x165mm
パッケージ重量 約1590g 約1890g 約2410g
Mercury 120
税込価格: 9,480円
詳しく見る
Mercury 240
税込価格: 13,480円
詳しく見る
3つのカラーで温度を知らせるリアクティブLED機能、流量3.5L/minを誇る大容量ポンプを搭載した一体型水冷クーラー
Mercury 360
税込価格: 16,480円
詳しく見る

Antec Mercuryシリーズはどちらかと言えば、non-OC(定格)使用を前提としたカジュアルな簡易水冷キット。 メンテナンスフリーでお手軽にCPUの冷却が水冷化出来、初心者でも比較的扱いやすくこの夏のRyzenやCore i7などコア数が多いプロセッサー向けに用いてみては如何だろうか。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)