image

CRYORIG定番のハニカム構造フィン採用サイドフローCPUクーラーにLED搭載改良モデル「H7 QUAD LUMI」

CRYORIG(クライオグ)からオリジナル設計のハニカム構造フィンを搭載したサイドフロー型CPUクーラーにヒートパイプ増量でRGB LEDも追加実装したブラッシュアップモデル「H7 QUAD LUMI」が登場。 Socket AM4 「RYZEN」プロセッサーにも対応。

ビュー: 3535
公開日: 2017-06-21

CRYORIG人気のCPUクーラー「H7」がブラッシュアップ

image

CRYORIGからintel、AMD各種プロセッサーに対応するサイドフロー型のCPUクーラー「H7 QUAD LUMI」が登場、2017年6月19日(月)より販売を開始している。

image

「H7 QUAD LUMI」は、同社のハニカム構造の独自形状フィン「Hive Fin(ハイブフィン」を採用した定番クーラー「H7」をベースした改良モデル。

具体的には6mm径銅製ヒートパイプを4本へ増加させることでTDP160W以上のプロセッサーに対応した事。 そして新たにロゴと底面の2か所にコントロール可能なRGB LEDイルミネーションを実装し、付属のファンも新型の静音設計のPWM対応QF120 BALANCE LEDファン(白色発色固定)に変更されている。

SocketAM4対応リテンションが追加されRyzenプロセッサーに標準対応、冷却能力の向上によりLGA2011-v3も新たにサポートしているのもポイント。

image

その他の特長は、メモリーやチップセットとの干渉を無くした「Zero Interferenceデザイン」の採用や、搭載されたLEDやファンをNZXT社のコントロールソフトウェア「CAM」やスマホアプリ経由でCPU温度監視、ファン回転数制御、プロファイルセッティングなどが可能な事。 一般的なCPUクーラーよりも長い最大6年の長期保証の付帯(通常代理店3年、要ユーザー登録)など。

image

主な仕様は、材質がニッケルメッキ銅製ベース+アルミ製フィン、ファンの回転数は330~1600rpm(±10%)、ノイズ10~25dBA、風量最大は49CFM、サイズは123(W)x145(H)x98(D)mmでファン単体は120x120x25.4mm、重量はヒートシンク本体が585gでファンが128g。

image

対応ソケットはIntelソケット 1150 / 1151 / 1155 / 1156 / 2011-V3、AMDソケット AM2+ / AM3+ / FM1 / FM2+ / AM4と、KabyLakeやRYZENに対応。

付属品はH7 Quad Lumi本体、バックプレート、AMD用マウンティングプレート、Intel用マウンティングバー x2、六角ボルト x4、LGA2011用ピラー x4、キャップネジ x4、グリス、ファンクリップ x2、レジストレーションカードなど。

クーポン対象

NEZT "CAM"を採用した高度なLEDコントロールシステムを搭載しTDP160Wまで対応する高性能CPUクーラー
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。