image

コードネーム「Raven Ridge」ことAMD 新APUプロセッサー「Ryzen Desktop Processor with Radeon Vega Graphics」販売開始。

2018年2月13日(火) 10:00よりコードネーム「Raven Ridge」こと「Ryzen Desktop Processor with Radeon Vega Graphics」シリーズ2モデルの販売が解禁、PCパーツショップやオンラインストアなどで販売が開始されている。 入荷を確認したのは4コア8スレッドでRadeon Vega 11 GPUの「Ryzen 5 2400G (YD2400C5FBBOX)」と、4コア4スレッドでRadeon Vega 8 GPUの「Ryzen 3 2200G (YD2200C5FBBOX)」2モデルでSocket AM4マザーボードに対応、ただし対応BIOS必須。

ビュー: 3110
公開日: 2018-02-13 (更新 2018-04-01)
関連タグ:

AMD 新世代APUプロセッサー「Raven Ridge」販売開始

image

コードネーム「Raven Ridge」ことSocket AM4対応のAMD新APU「Ryzen Desktop Processor with Radeon Vega Graphics」シリーズ2モデルの販売が2018年2月13日(火)10:00より解禁された。

image
image

ラインアップは、4コア/8スレッド、定格3.6GHz/TC時3.9GHz、Cache 4MB、Radeon Vega 11 GPUの「Ryzen 5 2400G (YD2400C5FBBOX)」と、4コア/4スレッド、定格3.5GHz/TC時3.7GHz、Cache 4MB、Radeon Vega 8 GPUの「Ryzen 3 2200G (YD2200C5FBBOX)」2モデルで、共にTDP65Wでリテールクーラーが付属する。

今回登場したRyzen 2000Gシリーズを含め市販のSocket AM4対応プロセッサーラインアップは8モデルまで拡大した事になる。

image

Ryzen2000Gシリーズプロセッサーは、FPSゲームをHD解像度でそれなりに快適に遊べる内臓グラフィックスを搭載するAMD APUの強化、最新版として、第一世代のRyzenプロセッサーのマイナーチェンジ版にRadeon Vega世代のGPUを組み合わせAMD Ryzenシリーズ初のグラフィックス機能を搭載する話題の製品で、「Ryzen Gシリーズ」とも呼称されている。

一言でいえば「Radeon Vegaグラフィックスを内蔵したAMD Ryzenデスクトップ・プロセッサー」だ。

主な仕様、詳細は以下の通り

 
型番YD2200C5FBBOXYD2400C5FBBOX
シリーズRyzen™ 3 プロセッサーRyzen™ 5 プロセッサー
メーカーAMDAMD
対応ソケットSocket AM4Socket AM4
コードネームRaven RidgeRaven Ridge
コア数4コア4コア
スレッド数4スレッド8スレッド
動作クロック3.5GHz3.6GHz
Precision Boost 2.03.6GHz3.8GHz
Extended Frequency Range (XFR)up to 3.7GHzup to 3.9GHz
キャッシュ2MB (L2キャッシュ)+4MB (L3キャッシュ)2MB (L2キャッシュ)+4MB (L3キャッシュ)
TDP65W (cTDP 45-65W)65W (cTDP 45-65W)
対応メモリーDDR4-2933 (1Rank / 2DIMMまで)/DDR4-2667 (2Rank / 2DIMMまで)/DDR4-2400 (1Rank / 4DIMM)/DDR4-2133 (2Rank / 4DIMM)DDR4-2933 (1Rank / 2DIMMまで)/DDR4-2667 (2Rank / 2DIMMまで)/DDR4-2400 (1Rank / 4DIMM)/DDR4-2133 (2Rank / 4DIMM)
対応メモリーサイズ最大64GB最大64GB
メモリーチャンネル2「デュアルチャンネル」2「デュアルチャンネル」
PCI Express 最大レーン数16 (内4レーンはチップセットとの接続用です)16 (内4レーンはチップセットとの接続用です)
内蔵グラフィックスRadeon Vega 8 GraphicsRadeon Vega 11 Graphics
グラフィックスコア数512704
グラフィックスクロック(最大)1100MHz1250MHz
CPUクーラー付属付属 (Wraith Stealth 65W cooler)付属 (Wraith Stealth 65W cooler)
倍率ロックフリー対応対応

上記のスペック表をベースに仕様を少し掘り下げると、従来のRyzen1000シリーズ比で、プロセッサー周りではメモリコントローラがDDR4-2933まで対応可能になった事や、自動クロックアップ機能が「Precision Boost 2」へ更新されており、Ryzen1000シリーズよりもOCチューニングはより安易になっている。

また、新たに搭載されたグラフィックス機能はRadeon Vega世代に更新し、既存のAPUと比べパフォーマンスが大幅にアップしている。 ただし、PUBGなど処理が重めのゲームタイトルまでは厳しく、OverWatchやCounter-Strike:GOあたりまでと考えて欲しい。

価格、性能的に見て人気は上位モデルのRyzen 5 2400Gに集中しそうだ。

YD2200C5FBBOX
税込価格: 13,824円
詳しく見る
YD2400C5FBBOX
税込価格: 21,384円
詳しく見る

マザーボードはSocket AM4タイプ、ただし対応BIOSへの事前更新は必須。

image

マザーボードはSocket AM4タイプであれば対応可能だが、事前にRaven Ridge(AMD Ryzen 2000シリーズ)対応BIOSにアップデートしておく必要がある。 未対応BIOSのまま使用すると起動しないので注意してほしい。

ちなみにパソコンショップアークでは既に販売中の全てのSocket AM4マザーボードがRaven Ridge(Ryzen 2000シリーズ)対応BIOSにアップデート済みとの事。

また、一部ディスプレイ出力が非搭載のSocketAM4マザーボードがあり、その場合せっかくのグラフィックス機能が使用できないので留意しておきたい。

関連リンク


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)