image

ROCCATから多機能を誇るゲーミングキーボード「HORDE AIMO」が発売

ドイツのハンブルグを拠点とするゲーミング周辺機器メーカー「ROCCAT」から、オリジナル設計のキースイッチを搭載した英語配列ゲーミングキーボード「HORDE AIMO – MEMBRANICAL RGB ゲーミングキーボード」が発売された。

ビュー: 1449
公開日: 2018-05-31
関連タグ:

高い耐久性と精度を満たすべくゼロから設計開発

image

HORDE AIMO – MEMBRANICAL RGB(以下:HORDE AIMO)は、ROCCATオリジナルのMembranicalキーと1680万色のAIMOイルミネーションを搭載した英語配列ゲーミングキーボードだ。

image
image
image

ROCCATが一から作り上げたというMembranicalキーは、メカニカルキーとメンブレンキーボーの特性を持ち合わせたメンブレン式スイッチだ。

アクチュエーションポイントは中程度の深さとなっており、アクチュエーションスピードが通常のメンブレン式スイッチより速いのが特徴。標準的なメンブレンキーボードが9.0msなのに対し、HORDE AIMOのメインキーは7.8ms、マクロ専用キーは5.0msとなっている。マクロ専用キーはメインキーより若干速く動作するため連続打鍵に適しているとのことだ。

メインキーのキーキャップの高さは中程度となっており、キーボード左側に搭載されている5つのマクロ専用キーはメインキーのキーキャップより低く、識別しやすくさせタイプミスを防ぐためとしている。

image
image
image
image

HORDE AIMOで目を引くのは本体右側上部に搭載されたチューニングホイールだ。

チューニングホイールは、360°回転が可能で、イルミネーションの輝度やカラー、dpi、音量、マルチメディアなどを直感的に制御可能で、自分好みにカスタマイズすることだできるようになっている。また、Windows 10のダイヤル機能と完全互換があるとのことなので普段使いにも役立ちそうだ。

さらに、チューニングホイールの左側には11個もの独立したマルチメディアキーを搭載している。

同時押しは、エリア限定で34キーに対応。高度アルゴリズムを備えたキーマッピングテクノロジーによりかつてなかったアンチゴースト対策が可能とのことで、アンチゴーストの向上も謳っている。

RGBイルミネーションは6つのゾーンで制御可能となっており、使い込むほど使用者のプレイに応じてライティング効果が変化していくAIMO Lighting Systemに対応している。

image
image

Membranicalキーやチューニングホイールなど注目の機能が目白押しといったところだが、現時点(2018年5月時点)で英語配列版のみの販売となっているのが少々残念だ。

また、パームレストは着脱可能となっているがキーボード本体そのもののサイズは大きめな(サイズ未公開)のでこのあたりも人を選びそうだ。

メンブレンキーボードとしては高めな部類となるが、最近少なくなってきている感のある多機能ゲーミングキーボードとして十分面白みのある製品かと思われる。

製品仕様

独自のスイッチ、キーデザインを採用し静音かつ迅速なタイピングを実現したメンブレン式ゲーミングキーボード。各種操作に対応するホイールダイヤルを搭載。
ROC-12-351-BK
10% OFF
税込価格: 12,616円

送料無料

詳しく見る

関連動画

関連記事

PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)