image

低遅延3D XPoint技術採用、インテルOptane SSD 9シリーズに最大容量960GBモデルが追加ラインアップ

インテルの3D XPointメモリーを採用する事で低レーテンシを実現したパワーユーザー、エンスージアスト向けの新世代SSD「インテル Optane SSD 9」シリーズから、PCIe Gen3 x4(HHHL AIC)接続対応の容量960GBモデル「SSDPED1D960GAX1」が追加ラインアップ、2018年5月18日(金)より販売を開始している。 Optane SSDとしてはシリーズ最大容量、インテル Optane SSD 905Pシリーズとして新ヒートシンクを採用。

ビュー: 4708
公開日: 2018-05-20
関連タグ:

3D XPoint採用低レーテンシSSD「インテル Optane SSD 9」シリーズ最大容量モデル登場

image

インテルの「3D XPoint」テクノロジー採用、パワーユーザー、エンスージアスト向け低遅延SSD「インテル Optane SSD 9」ファミリーにPCIe Gen3 x4(HHHL AIC)接続対応容量960GBモデル「SSDPED1D960GAX1」が追加ラインアップ、2018年5月18日(金)より販売を開始している。

image

「SSDPED1D960GAX1」は2017年11月に登場した初のコンシューマ向けモデル「インテル Optane SSD 900P シリーズ(製品の開発コード名 Mansion Beach)」の容量違いのバリエーションモデルだが、シリーズが「インテル Optane SSD 905P」へと変更されている。

恐らく発光機能を搭載した新ヒートシンク採用など細かい仕様変更を踏まえての事で、パフォーマンスも若干上がっているが容量が増加したなりに留めているため採用テクノロジーは900Pとほぼ同等と考えてよさそうだ。

主な仕様は、対応スロットはPCIex4、インターフェイスはPCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)、容量960GB、フラッシュタイプは3D XPoint、シーケンシャルリード最大2600MB/sec、ランダムリード最大575000IOPS、シーケンシャルライト最大2200MB/sec、ランダムライト最大550000IOPS、消費電力はアイドル時6W/動作時最大16.4W、総書込みバイト量(TBW)は17520TBW、MTBFは160万時間で5年間のメーカー保証が付帯する。

 
シリーズOptane SSD 905P
メーカーintel
フォームファクタPCIe スロット x4 PCIe
インターフェイスPCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)
ストレージタイプSSD
内蔵 / 外付け内蔵タイプ
容量960GB
フラッシュタイプ3D XPoint
読込み速度シーケンシャルリード:最大 2600MB/sec
ランダムリード:最大 575000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 2200MB/sec
ランダムライト:最大 550000IOPS
消費電力アイドル時 6W/動作時最大 16.4W
総書込みバイト量(Total Byte Written)17520TBW
MTBF(MTTF)160万時間
発売日2018-05-18
高速・低レイテンシーかつ17520TBWの圧倒的な耐久性を持つハイエンドSSD
SSDPED1D960GAX1
税込価格: 154,800円

新発売

詳しく見る

参考比較 - Intel Optane SSD HHHL AICモデル比較、一覧

 
シリーズOptane SSD 905POptane SSD 900POptane SSD 900P
メーカーintelintelintel
フォームファクタPCIe スロット x4 PCIePCIe スロット x4 PCIePCIe スロット x4 PCIe
インターフェイスPCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)PCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)PCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)
ストレージタイプSSDSSDSSD
容量960GB480GB280GB
フラッシュタイプ3D XPoint3D XPoint3D XPoint
読込み速度シーケンシャルリード:最大 2600MB/sec
ランダムリード:最大 575000IOPS
シーケンシャルリード:最大 2500MB/sec
ランダムリード:最大 550000IOPS
シーケンシャルリード:最大 2500MB/sec
ランダムリード:最大 550000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 2200MB/sec
ランダムライト:最大 550000IOPS
シーケンシャルライト:最大 2000MB/sec
ランダムライト:最大 500000IOPS
シーケンシャルライト:最大 2000MB/sec
ランダムライト:最大 500000IOPS
消費電力アイドル時 6W/動作時最大 16.4Wアイドル時 5W/動作時最大 14Wアイドル時 5W/動作時最大 14W
総書込みバイト量(Total Byte Written)17520TBW8760TBW5110TBW
MTBF(MTTF)160万時間160万時間160万時間
発売日2018-05-18
2017-11-09
2017-11-09
アーク参考価格読み込み中読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細 製品詳細

「Intel Optane SSD」ファミリーは通常のNANDフラッシュよりも大幅な低レイテンシ(従来のSSDの10分の1以下)特性を持つ3D XPointメモリーを採用する事で高耐久かつ高速動作を実現したエンスージアスト、パワーゲーマー向け新世代SSDの1つで、2018年5月現在では「Optane SSD 9(900番台)」が第1世代かつ現行主力のシリーズ。

一見、標準的なPCIe接続対応のNVMe転送タイプのSSDと単純なカタログスペックで比較した場合、そこまでの違いが無くそれにしては割高、と思えるかもしれないが、低遅延化による実際のパフォーマンス差は想像以上に大きく、予算さえ許されるのであれば是非使用してみたい製品だ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。