image

Xtrfyからゲーム向けヘッドセットとマウスパッドの新モデルが発売

人気ゲームブランド「Xtrfy」より、eスポーツに最適化されたサウンドスケープが売りのNewヘッドセット「H2」と、人気マウスパッド「XGP1」の新デザインモデル「XGP1 NIGHTHAWK PRO GAMING」が同時発売された。

ビュー: 1037
公開日: 2019-03-20

eスポーツプレイヤー達によって開発された競技用ゲーミングヘッドセット

image

H2 プロゲーミングヘッドセットは、eスポーツに最適化されたアナログ接続のゲーミングヘッドセットだ。

大型の53mmドライバを搭載しゲームにとって重要な音の細部を強化、特大オーバーイヤーカップには低反発フォームのイヤーパッドが装備されたいる。

イヤーパッドは、外側は通気性のあるメッシュ製で内側は音漏れ防ぐためにPUレザーが使用されている。外側と内側が異なる素材というのはあまり見ない仕様だ。

フレームはアルミ製となっており耐久性も問題無い。

image
image
image

接続I/Fは、標準で4極3.5mmプラグとなっており、3極3.5mmx2のY型延長ケーブルとY型変換プラグの2種類が付属。PCやMacをはじめPS4などの家庭用ゲーム機器やモバイル機器などマルチプラットフォームに対応している。

ケーブル上にはスピーカ/マイクボリュームとマイクミュートを操作するオーディオコントローラーが装備されている。

着脱可能なマイクはカージオイド特性(単一指向性)のマイクとなっているが、周囲の音を拾いやすいタイプのカジュアルマイクとのことだ。上位モデルのH1ヘッドセットにもカジュアルマイクが付属しているが全く同じ物かは不明。

image
image

簡易的な物にはなるが、現在日本国内で販売されているXtrfy製ヘッドセットの主な性能比較は下記のとおり。

モデル H2 H1
ドライバ径 53mm 60mm
イヤーパッド 低反発フォーム、メッシュ/PUレザー 形状記憶フォーム、ポリウレタンレザー
マイク 単一指向性(カジュアルタイプのみ) 単一指向性(プロタイプ/カジュアルタイプの2本付属)
接続I/F 4極3.5mmプラグ/3極3.5mmプラグ USB/4極3.5mmプラグ/3極3.5mmプラグ
USBサウンドカード 無し 有り
本体重量 360g(本体のみ:330g) 380g(本体のみ:350g)

上記以外でも、周波数特性などドライバとマイクのスペックにも違いがあり、全体的にH1ヘッドセットより抑えたスペックとなっている。一応、入門者向けヘッドセットとなってはいるが、販売価格は1万円台前半(2019年3月時点)となり価格で見ればミドルクラスのゲーミングヘッドセットと言えよう。

別途購入とはなるが、後から「SC1ゲーミング外付けUSBサウンドカード」でUSB接続化することも可能だ。

無駄を省いた非常にシンプルなヘッドセットで、ソフトウェアのインストールや設定等の煩わしい作業も必要なく使用でき、純粋にゲーム用途でサウンド面の性能を求める場合は(このクラスの中では)H2ヘッドセットはオススメできるモデルだ。


〇製品仕様

入門機としてオススメのアナログ接続ゲーミングヘッドセット
701102
税込価格: 12,495円

送料無料

新発売

詳しく見る

人気のXGP1マウスパッドのスペシャルエディション

image
image

XGP1 NIGHTHAWK PRO GAMING ゲーミングマウスパッドは、「Nighthawk Pro Gaming」と共同で設計されたラージサイズの布製ゲーミングマウスパッドだ。

ローセンシ、ハイセンシ両方の設定のマウスに対応し、サイズは460 x 400 x 4mm。縁にはステッチ加工が施してあり高耐摩耗性のサーフェイスと合わせ耐久性もバッチリ。洗濯も可能となっている。


〇製品仕様

Nighthawk Pro Gamingと共同で設計されたラージサイズのクロス製ゲーミングマウスパッド。ローセンシ、ハイセンシ設定両方に対応。
701080
税込価格: 3,510円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連動画

関連記事

PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)