image

DSP版Windows10の深夜発売で秋葉原が盛り上がりを見せた!-アーク [PR]

8月1日(土)に解禁となったWindows10に伴い、秋葉原では各PCショップが様々な趣向を凝らし新OSの登場を盛り上げていた。筆者が所属するパソコンSHOPアークでも深夜販売を慣行、様々な特価品や発売記念の同店伝説のジャンク箱「パンドラの箱」を投入し祭りに参加、今回はそんな秋葉原の祭りの様子の中からパソコンSHOPアークでの様子をレポート。

ビュー: 2931
公開日: 2015-08-01
関連タグ:

前回Windows8.0のイベントから実に3年ぶりのイベント

image

アーク店内各所もWindows10の青色で装飾され、お祭りムードを盛り上げている。

image

Windows10の発売を記念してPOP担当がホワイトボードを描いていた。 POP担当ポゲむち氏いわく

Windows10のイメージキャラクターに関してはちょっと年齢を低く描いてしまいましたが、気に入ってしまったのでそのまま行きました

との事。

image

22時、Windows10予約販売開始と共に、店内もすぐにお客様でいっぱいになる。 パンドラの箱に関しては、販売開始以前ですぐに定員に達してしまっていたとの事。

image

アークが用意した特価商材の数々。 今回人気があったのは「MSI GTX 980Ti GAMING 6G」「LG GH24NSC0 BOX」など。

image

11時からは主要メディア編集者による10の魅力を語るトークイベントが開催された。 皆さん各所イベントでお疲れなのにほんとにいい笑顔です。 各メディア編集者共に

「Cortana」(Windows10に搭載されている音声認識アシスタント)の可能性を模索して記事にしていきたい

とのお話でした。

image

そして深夜0時、スタッフによるカウントダウンの後、拍手と共に、Windows10が解禁されました。 パンドラ購入の方も含め、この時点で引渡しが始まり、皆さん満足そうに受け取られていました。

前回のWindows深夜販売に参加した筆者が比べても今回は遜色の無い、いやそれ以上の熱い盛り上がりを見せてくれた今回のイベントだった。

捕捉:パンドラの箱とは?

image

パンドラの箱とは、パソコンSHOPアークが通販部と店舗が同じビルにあった時代に誕生したジャンク箱の詰め合わせである。

当時のパンドラ担当「ラーメン王子」によると

当時はガチでジャンクの詰め合わせに購入金額に釣り合いが取れるレベルの在庫処分アイテムをいれ年明け初営業日に数個だけ店内にひっそりと並べられて1日では売り切れないようなマイナーアイテムでした。

と当時は他店の企画の後追いであることや、無名企画でずっこけていた事などを語ってくれた。

その後、某OTからのメンバーが加わり、当り要素やサプライズ要素が加わる事で地味に人気が出始める。さらに筆者も加わり金額別やキャラ箱など個性的なバリエーションモデルも登場。

近年では販売前日から長打の列が出来てしまうほどのご好評を頂くまでになったが、予算の都合で数量は増やせない状況下で同商品を求めるユーザー全てへ行渡るよう提供出来ないという問題で年始の恒例としては現在は検討中となっている幻の詰め合わせ箱。

関連製品

Windows 7 と Windows 8 の操作性が融合し、より使いやすく進化したWindowsが登場です。
税込価格: 21,368円

送料無料

詳しく見る
Windows 7 と Windows 8 の操作性が融合し、より使いやすく進化したWindowsが登場です。
税込価格: 20,248円

送料無料

詳しく見る
Windows 7 と Windows 8 の操作性が融合し、より使いやすく進化したWindowsが登場です。
税込価格: 15,767円

送料無料

詳しく見る
Windows 7 と Windows 8 の操作性が融合し、より使いやすく進化したWindowsが登場です。

送料無料

詳しく見る

DSP版Windows10「自作PC応援キャラクター」の名前が決定!

以前より名前の募集をしていたDSP版Windows10の応援キャラクターですが、 __『窓辺 とうこ』_に決定したとの事。 実は性格的には2面性があるなどの話も飛び出し、今後の展開に期待が膨らみます。


関連記事