image

ついに容量「2桁TB」へ到達、Seagate 10TBの3.5インチHDD「ST10000NM0016」販売開始

Seagate社から3.5インチHDDとしては初の2桁テラバイト台となる容量10TBの6Gbps SATA接続対応ハードディスクドライブ「Enterprise Capacity 3.5 Hard Drives (Helium)Series ST10000NM0016」が2016年4月8日(金)より販売を開始した。

ビュー: 4847
公開日: 2016-04-09 (更新 2017-06-11)

3.5インチHDD 容量10TBへ到達

image

ハードディスクドライブでは初となる2桁テラバイトの大台に乗せた容量10TBタイプの製品が2016年4月8日より販売を開始、入荷を確認したのはSeagate社のエンタープライズ向けとなるEnterprise Capacity 3.5 Hard Drives (Helium)シリーズに属する「ST10000NM0016」で、主なスペックは3.5インチサイズ、6Gbps SATA接続、容量10TB (512byteセクターエミュレーション)、7200回転、256MBキャッシュなど。

Enterprise Capacity 3.5 Hard Drivesシリーズは24時間365日フル稼働を前提にしたデータセンターやアプリケーション向けのストレージでMTBF(平均故障時間)は250万時間、AFR(24時間365日フル稼働時の年間故障率)は0.35%とし、保証期間は5年となっている。

4月8日現在の販売価格は税込み80,784円(アークオンラインストア調べ)で1TBあたりに換算すると約8,078円となる、エンタープライズ向けのHDDとしてはそこまで割高ではないという印象だ。

また10TBを単純計算で変換するとギガバイトで10,240GB、メガバイトでは10,485,760MB、キロバイトにすると実に10,737,418,240KBとなり、とてつもない容量を1台のHDDに記録可能な時代が来たと改めて実感する、そんな製品ではないだろうか。

製品仕様

型番 ST10000NM0016
メーカー Seagate
シリーズ Enterprise Capacity 3.5 Hard Drives (Helium)
サイズ 3.5インチ
インターフェイス SATA 6Gbps
容量 10TB
セクター 512E(512byteセクターエミュレーションモデル)
回転数 7200rpm
キャッシュ 256MB
内部転送速度 最大254MB/s
消費電力 アイドル時 4.5W / 動作時最大6.5~8W
平均故障時間(MTBF) 250万
24時間365日フル稼働時の年間故障率 (AFR) 0.35%
動作音 非公開
保証期間 5年
発売日 2016年4月8日

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。