image

ゲームでも音楽でも完成されたオーディオを届けるTWSゲーミングイヤホン「ROG CETRA TRUE WIRELESS」- アークSTAFFレビュー

ASUSが誇るTop of GamingブランドであるROGより迫力と没入感を高め、低遅延を謳うTWSゲーミングイヤホン「ROG CETRA TRUE WIRELESS」をパソコンSHOPアークスタッフが徹底レビュー。

ASU ROG CETRA TRUE WIRELESSを使ってみた

image

ASUSより2022年4月22日(金)に販売を開始した「ROG CETRA TRUE WIRELESS」TWSイヤホンをレビューしていきたいと思います。 ASUSオーディオは初という事と、オーディオのうんちくを語れるほど音について詳しくはないので、比較や自分の中でどう感じたかをつらつらと書いていけたらなと思います。よろしくお願いします。

パッケージ

image

パッケージを開けると中にはイヤホン本体と充電ケース、サイズ変更用のイヤーピース、充電用USBケーブルが同梱されています。 イヤホン本体にはMサイズのイヤーピースがついており、S、Lサイズのイヤーピースが付属しているのでフィット感を細かく調整することが可能です。 イヤーピースはシリコン製のみの同梱となっているため、ウレタン系のイヤーピースが好みの方は社外品を購入する必要があります。

製品外観

image

充電ケースは丸みを帯びた形状となっており、他社のTWSケースなどと比較すると少しコンパクトに感じます。また重量も軽量なため携帯性に優れます。 他社のTWSケースは比較的サイズが大きい場合が多いので、コンパクトなこのケースは便利だなと思いました。

image
image
image

イヤホン本体はカナル型とインナーイヤー型のいいところを合わせたようなフロントハウジングとなっています。 どちらかと言えばカナル型に分類されるのですが、他のカナル型ほど耳の穴に突っ込むような形状ではなく、インナーイヤーのようにただ引っ掛けるだけでもないという少し軽めな装着感をしているのが特徴です。

これにより長時間使用していても疲れづらく装着感も良好で適度に遮音してくれる使いやすいイヤホンだと感じました。

イヤホンにあるROGロゴマークの部分がタッチセンサーを内蔵しており、ここをタッチすると「再生・停止」や「ANCオン・オフ」「ゲーミングモードオン・オフ」などを切り替えられるようになっています。

image
image
image

音質について

image

イヤホンの話をする上で欠かせないポイントである音質についてです。

「ROG CETRA TRUE WIRELESS」の音質についての特徴としてはオリジナルチューニングの「10mm ASUS Essenceドライバー」と気密性の高いチャンバーが採用されている事で中高域の豊かなサウンドとパワフルな低音を出す事が可能なのだとか。この特徴が他のイヤホンと比べてどのような差が生まれるのか聞いていきたいと思います。

image

今回比較対象として使用するイヤホンを簡単に紹介します。

1つ目がクリアで低音寄りのトータルバランスの高さで人気の「Sennheiser momentum true wireless 2」

image

2つ目が現在愛用中のパワフルな低音と完成度の高いANC搭載の「Devialet Gemini」

image

この2つのイヤホンを交えて「ROG CETRA TRUE WIRELESS」がどんな特性を持っているのかを確認していきます。比較対象の価格レンジが少し離れているので、それも考慮して書いていきます。

最初に感じたことは全体的なバランスが整っており、良く鳴っているなと思いました。低音は埋もれずに十分な質感と量感がありますし、中音域は鮮やかな印象、高音域は精細さを感じられます。

あえて言うのであれば低音から中音にフォーカスされているように感じ、高音域は他と比べると少し控えめ・大人しめな印象です。音の出方としては「Gemini」よりも「momentum」に少し近いかなと思います。 「Gemini」は厚みのある低音を主体とし、それを前面に押し出しつつも中高音はそれに潰されないように鳴るという性格をしており、「momentum」はバランス感良くどの帯域でも整った音を鳴らし、低音に少し厚みを持たせる鳴り方のためそのように感じたというわけです。

「ROG CETRA TRUE WIRELESS」は後者の様なバランス感が良くどの音も主張しすぎない、けれどしっかりとそこに音の余韻が残る優等生だと感じました。

面白味は薄まるものの、使いやすさ聞き取りやすさは圧倒的に高まるので、オーディオを聞くうえでもゲームをする上でも満足のできる音だと思います。 いわゆるクリアさ透明感といったものは、音質のみを追求し価格差も2倍近くあるピュアオーディオの2機種には流石に劣りますが、あくまでこちらはゲーミングTWS。 オーディオで求められる透明感よりも一音一音の聞き取りやすさ、音という情報の明確さに寄せているチューニングだと感じました。

ゲームモードについて

image

今回の「ROG CETRA TRUE WIRELESS」はゲーミングTWSという事もあり、音質だけでこの製品を評価してしまうのは勿体ないので、実際にNindendo Stwitch版「モンスターハンターライズ」で使用していき、その際に感じたことなどをまとめていきます。Nintendo SwitchはバージョンアップによってSBC接続によるBluetoothオーディオに対応しています。

遅延の多くなってしまうSBCコーデックでの接続がゲーミングモードでどれだけ変わっていくのか楽しみですね。

まずゲーミングモードを付けていない場合、ゲームの画面に対して0.3秒~0.4秒程度の遅延が発生しています。明らかに操作すると画面と音のズレを認識することが出来ます。 これは予想通りと言いますか、SBCだとこんなもんだよねといった感じです。

ゲーミングモードをオンにした場合、明らかに遅延が減っています。クエストを受注する際のカーソルの移動もしっかりとボタン操作に音がついてきており、遅延に関しては体感0.1秒以下にまで減っていると思いました。 実際にナルガクルガやティガレックスのような判定が一瞬のモンスターの行動が、目で見えるタイミングと耳で聞くタイミングでズレを感じませんでした。

Switchから直接音を取ったり、PC版の有線アナログ接続のイヤホンと同じ感覚でゲームが出来たので、ゲーミングモードでは遅延を極限まで無くすことが出来ています。 正直、もう少し遅延があって、ゲームで使えなくもないけど微妙。みたいな想像をしていたのですが これだけの高速なオーディオ体験が出来るのであればアクションゲームでは全く心配はいらず、むしろ取り回しの良さ。扱いやすさといったメリットが勝るのかなと思いました。

使い勝手について

image

「ROG CETRA TRUE WIRELESS」の評価の高さは音質・ゲーミングモード時の低遅延だけではなく、ANCや無線充電、IPX4の防滴加工がされているなど、TWSイヤホンに求められる便利機能が大抵使えるように設計されている点が素晴らしいと思います。 もうちょっと価格帯が上のイヤホンでも防滴加工やワイヤレス充電は対応していなかったりするので、機能性によるコストパフォーマンスも相当高いです。

ANCの完成度が高く、ノイズキャンセリングの強弱を選べる点も優秀です。 通勤中の電車の中や駅のホームで使用していても、アナウンスが微かに聞こえる程度の強い遮音性を持っています。車体が揺れる際の音は結構シャットアウトしてくれるので、ANCの調整傾向は低音をはじき、高音はそれなりに通すような特徴の設計なのかなと感じました。 また前述したノイキャンの強弱設定により、人によっては圧迫感が出てしまう強設定から弱設定に出来たりと至れり尽くせりですね。

上記までは「ROG CETRA TRUE WIRELESS」の良い点を正直に書いてきましたが、もちろん完全無欠な訳ではなく、残念な点もあります。

まず1点目はアンビエントサウンドの音質が悪い点です。これは搭載しているマイクの性能が低いのか、それともチューニングによってそうなっているのかは分からないのですが、非常に人工的臭い音と言いますか、あまり自然な外音取り込みでなく実際に使用していて違和感を感じ微妙だなと思いました。

「アンビエントが残念ならイヤホン外せば」と言われるとそこまでなのですが、イヤホン付けたり外したりするのめんどくさいじゃないですか。本体タップするだけで周りの音が聴こえるならそれでいいじゃんと個人的に思うんですよね。ただ音が自然でなく人工的な変な音だと違和感がありすぎたので困惑しましたね。

2点目、対応コーデックがAAC止まりという事。 AACは基本的にiPhoneで使われているBluetoothのオーディオコーデックなのですが、ASUSってAndroidで「ROG Phone」出してるじゃんと。 勿論AACに対応しているのが悪いというわけではなく、自社で出しているスマートフォンよりもiPhoneとの親和性が高いのはどうなんだろうって思います。 LDACやaptX Adaptiveまで対応する必要はないと思いますが、せめてaptXくらいは対応してもいいんじゃないかなと・・・。 AACよりも音質が良くなるのでそれだけで「ROG Phone」とのシナジーが生まれて纏まった感が出るのにと思いました。

まとめ

機能性の高さ、音質のバランス感の良さが魅力のゲーミングTWSです。圧迫感が少なく遮音性能の高いANC機能や低遅延のゲーミングモードなど、色々なメディアに没頭できるようになっています。 機能的に少しな部分もありますが、それを差し引いてもTWSイヤホンとしての完成度の高さが光る逸品です。 音質に関しても上述したようにバランスの良い優等生であるため、ゲームだけでなくオーディオ再生にもうってつけだと感じました。 価格は税込み15,480円(2022年4月)とエントリークラスのTWSを使用しているユーザーのアップグレードに選ばれやすい価格帯となっており、その中でも多機能な部分が他製品との差別化が出来ていると感じました。

ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング技術 と 低遅延無線技術 によって、 没入感のある音声体験を提供し、 音楽やゲームに完全に入り浸る ことができます。 また、 最大 27 時間のバッテリー持続時間 、 ワイヤレス充電 、 IPX4 防水 機能により、 どこでもゲームや音楽を楽しめます。
ROG/CETRA/TRUE/WIRELESS
税込価格: 15,480円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

author image

アーク@アキバ店舗STAFF