image

薄型でアルミフレーム、メカニカルスイッチで有名なCHERRYから純正キーボード「Cherry MX 10.0 RGB」が登場

メカニカルスイッチの開発、製造で有名なCHERRYから英語配列のフルサイズメカニカルキーボード「Cherry MX 10.0 RGB」2種が登場、2022年9月22日(木)より販売を開始している。 筐体には高級感あるアルミニウムを採用、ブラックとホワイトの2種カラー展開、キーはRGBイルミネーションを搭載したロープロ仕様の薄型のキーボード。キースイッチには同社製のメカニカルキー LP REDスイッチを採用したCHERRY純正キーボード。

ビュー: 10040
公開日: 2022-09-24 (更新 2022-09-26)

「Cherry MX」メカニカルキー赤軸を採用したハイクオリティ純正キーボード

image

「Cherry MX 10.0 RGB」はメカニカルスイッチを製造している「CHERRY」から登場したゲーミングキーボードでブラックカラーとホワイトカラーの2種を2022年9月22日(木)より販売開始している。

image

発売されたモデルは、いずれもUSキー配列となっており、軸も同社製ロープロ仕様のメカニカルキーLP REDのみとなっている。

接続ケーブルは脱着式のType-C to Type-Aとなっており、ケーブルとキーボード本体はType-C接続となる。

image
image

筐体自体も薄く、高さが約22mm(チルトスタンド未使用時/キースイッチ高含む)と、スリムな設計となっている。

image
image

各キーにはRGBイルミネーションも搭載されており、専用ソフトでRGBの操作が可能だ。それとは別に簡単なマクロやキーの設定変更を行うことができるソフトウェアもある。 RGBイルミネーションを操作するソフトウェアとマクロ設定やキー設定を行うソフトウェアがそれぞれ別となるので、色々弄りたい方は2つのソフトウェアをメーカーサイトからダウンロード・インストールを行う必要がある。また全て英語で表記されている為、英語に弱い方は苦戦する可能性もあるので注意が必要だ。

筆者のファーストインプレッション

image
image
image

実際に触ってみた感想だが、さすがメカニカルキーを製造しているCHERRY社のキーボードだけあって、クオリティは高い。軸の安定感は素晴らしく、チープなキーボードにあるタイピング時のブレも少ない。個人的な不満部分を強いて言うならRGB機能はいらなかったかな、と考えるくらいである。

価格が税込28,800円(2022年9月時点)と非常に高めという事と日本語サポートがされていないので中級~上級者向けのキーボードかと思うが、ハイクオリティであり、そしてあまり見かけないロープロ仕様のキーボードなので、ささるユーザーも少なくはないだろう。

現在、パソコンショップ アーク店舗で実機の展示を行っているので、気になる方は試しに行ってみてはいかがだろうか。

G8A-25000LYAEU-2
税込価格: 28,800円
詳しく見る
G8A-25000LYAEU-1
税込価格: 28,800円
詳しく見る

Cherry

Cherry(チェリー)について

Cherryは、ドイツの Auerbach/OPf. に本社を置き、オフィス、ゲーム、産業、セキュリティ、およびメカニカル キーボード用スイッチに重点を置いたコンピューター入力デバイスの世界的な大手メーカーです。CHERRY は、ドイツ、フランス、英国、中国 (本土、香港、台湾) および米国の生産工場と支社で約 400 人の従業員を雇用しています。1953 年に設立された CHERRY は、顧客のニーズに合わせて特別に設計および開発されたドイツの高品質製品を表しています。2019 年、同社は、新しい仕事の概念に重点を置いて、未来の職場としての CHERRY の新しいイメージを反映して、アウアーバッハに新しい本社を開設しました。CHERRY は、作業環境に高品質、情熱、デザインをもたらし、パフォーマンスに対する要求が高いエンド カスタマーや企業に対応します。

関連記事