image

MSIから独自冷却技術を採用しAM4にも対応する高性能CPUクーラー「CORE FROZR L」登場

MSIからグラフィックスカードでお馴染みのFrozrテクノロジーを活かしたファンを採用するゲーマーやオーバークロッカー向けスリム設計の空冷CPUクーリングユニット「CORE FROZR L」が登場。 サイドフロー型で120mmファンx1を標準搭載。

ビュー: 7010
公開日: 2016-12-02
関連タグ:

FROZRの名を持つMSIのCPUクーラー「CORE FROZR L」

image

「MSI CORE FROZR L」はグラフィックスカードに採用している独自冷却技術を活かして開発された120mmファンを採用するサイドフロー型で大型ながらスリム設計タイプの高性能CPUクーラー。

image
image

主な特長は、MSI GAMINGシリーズグラフィックスカードで採用している従来型ファンブレードとよりひねりの大きな分散型ファンブレード組み合わせた「トルクスファン」、ニッケルメッキを施した銅製CPUベースプレート、4本の8mm径銅製ヒートパイプの組み合わせに、熱伝導効率にすぐれた同梱の伝導剤「PREMIUM THERMAL COMPOUND X」を使用する事で最大200WクラスのCPU冷却に対応している点。

image
image

また付属の120mmファンは「ハイドロ・ダイナミックベアリング」が採用され静音性の向上と、MTTF15万時間の長時間安定動作を実現している。

オプションでもう1基トルクスファンを追加し、デュアルファン構成にすることも可能。

image
image

さらにイルミネーション機能にも対応、クーラー上部のドラゴンロゴがPC動作中に発光する。

image
image

CPUクーラーのトップカバーは、標準でシルバーカラーが取り付けられているが、ブラックのカバーも同梱しており好みに合わせて換装が可能。

image

本体サイズはファン装着時140(W)x155(H)x84(D)mm、重量は960g、付属品は専用コンパウンド「PREMIUM THERMAL COMPOUND X」x1、ブラックカラーのカバー、各種プロセッサー対応取付金具各種、取付ネジ各種。

スペック、詳細

image
製品名 CORE FROZR L
メーカー MSI
ヒートシンク材質 銅(ヒートパイプ)
アルミニウム(放熱フィン)
ABS樹脂(ファン、カバー)
ヒートパイプ 銅製4本(直径8mm)
ファン 120mmトルクスファン x1(増設可能)
ベアリング方式 ハイドロダイナミックベアリング
ファン回転数 500~1,800rpm ±15%
風量 19.79~71.27CFM
静圧 0.16~2.09mm-H20
ノイズレベル 17.2~33.6dBA
電源コネクター 4ピン PWM
本体サイズ(ファンx1含む) 140mm x 155mm x84mm
(ファン無し:140×155×55mm)
重量 960g(ヒートシンク775g、ファン185g)
対応CPUソケット Intel LGA2011-v3/2011/1366/1151/1150/1156/1155/775
AMD FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+
発売日 2016年12月2日
MSIグラフィックスカードの独自冷却技術を活かした高性能CPUクーラー
MSI
CORE FROZR L
13% OFF
税込価格: 6,061円
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。