image

重厚なアルミヒートシンク、日本刀をモチーフにしたARGB搭載DDR4 OCメモリ「Antec KATANA」販売開始

AntecのメモリーブランドAntec Memoryから日本刀をモチーフにしたアドレサブルRGB発光LED搭載選別OCタイプのDDR4メモリー7シリーズ「KANATA」から2モデルがアキバのアークに入荷、2020年5月30日(土)より販売を開始している。 DDR4-3200 CL16-18-18と、DDR4-3600 CL18-20-20の2速度バリエーションで両モデル共に8GBx2枚組16GBデュアルチャンネルキット。 独自のザラメ調表面加工が施された1枚80gと重厚な黒色のアルミニウムヒートシンクにARGB対応LEDを搭載するヴィジュアル充実感高めな製品。

ビュー: 3232
公開日: 2020-05-30 (更新 2020-06-01)
関連タグ:

日本刀をモチーフにしたDDR4 OCメモリー「KATANA」

image

AntecのメモリーブランドAntec MemoryからデスクトップPC向けDDR4オーバークロックメモリー「KATANA」シリーズ2モデルが登場、パソコンSHOPアーク、アークオンラインストアなどで2020年5月30日(土)より販売を開始している。

image

ラインアップはDDR4-3200 CL16-18-18-38@1.35Volt選別の「AM4U32168G11-7DKR」と、DDR4-3600 CL18-20-20-44@1.35Volt選別の「AM4U36188G11-7DKR」の2速度バリエーションで、両モデル共にXMP2.0に準拠した容量16GB(8GBモジュールx2枚組)のデュアルチャンネル構成キット。

主な特長としては、日本刀をモチーフにした独自設計、デザインの質感のある表面加工が施された黒色のアルミニウムヒートシンクにアドレサブルRGB LED搭載し発光/非発光の両シチュエーションにおいても魅せる系オーバークロックメモリーで1枚当たりのメモリー重量は80gと重めで高さも45.9mmと高く存在感がある。

image
image
image

その他、メモリーサイズは一枚あたり133.8(L)x8.6(W)x45.9(H)mm 、永久保証が付帯する。

モデル別のスペック詳細は以下のリストを参考にしてほしい。

 
シリーズKATANAKATANA
メーカーANTEC MEMORYANTEC MEMORY
メモリー対応タイプデスクトップPC用デスクトップPC用
メモリータイプ288Pin DDR4-UDIMM288Pin DDR4-UDIMM
バッファー エラー検出機能(ECC)Unbuffered non-ECCUnbuffered non-ECC
メモリープロファイルタイプXMPXMP
テスト(XMP)速度DDR4-3200/PC4-25600DDR4-3600/PC4-28800
テスト(XMP)レイテンシー / 電圧CL16-18-18-38@1.35VoltCL18-20-20-44@1.35Volt
SPD メモリー速度DDR4-2133/PC4-17000DDR4-2133/PC4-17000
SPD レイテンシー / 電圧CL15-15-15-36@1.2VoltCL15-15-15-36@1.2Volt
合計メモリー容量16GB16GB
容量構成8GBモジュール x2枚セット8GBモジュール x2枚セット
マルチチャンネル対応デュアルチャンネルデュアルチャンネル
チップメーカー / チップタイプ非公開 / 非公開非公開 / 非公開
RANK数(1枚辺り) / チップ数非公開 / 非公開非公開 / 非公開
ヒートスプレッダー / カラー搭載 KATANA / 黒(ブラック)搭載 KATANA / 黒(ブラック)
ヒートシンク高45.9(H)mm45.9(H)mm
発光ユニット / LEDカラー搭載 / RGB ARGB対応搭載 / RGB ARGB対応
保証期間限定ライフタイム保証限定ライフタイム保証
発売日2020-05-30
2020-05-30
アーク参考価格読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細
image

「KATANA」メモリーをとりあえず同記事ではシリーズとして記載ているが、Antec Memory的には2018年に発売されたANTEC MEMORY 1 Series(JEDECに準拠した普通のエントリーDDR4メモリ)、ANTEC MEMORY 3 Series(OC耐性をちょっと高めた選別DDR4 OCメモリ)、ANTEC MEMORY 5 Series(ASUS AURA SYNCなどに対応した選別DDR4 OCメモリ)に続くものとして「ANTEC MEMORY 7 Series」が正式なシリーズ名としており、ヒートシンク右下にも「7 Series」の数字が刻印されている。 しかしこのシリーズ名は判りにくく周知されないのではないかと余計な心配をしてみたが、メモリーの2019 iFデザインアワードを受賞しているだけに見た目は悪く無くルックスで気に入ったのであれば使ってみても良さそうだ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。