image

ASUSからAMD APUに対応するA88X搭載ATXマザーボード「A88X-PLUS/USB 3.1」

ASUSからAMD APUプロセッサー(Socket FM2+、FM2)に対応するA88Xチップセットを搭載するATXマザーボード「A88X-PLUS/USB 3.1」が2016年6月24日より販売を開始。

ビュー: 3089
公開日: 2016-06-24
関連タグ:

USB3.1対応にマイナーアップ

image

「ASUS A88X-PLUS/USB 3.1」はAMD A88Xチップセットを搭載し、Socket FM2+もしくはFM2(AMD AシリーズAPU)に対応したATXマザーボード、日本未発売の「A88X-PLUS」にUSB3.1 Type-Aを2ポート搭載したブラッシュアップモデル、またASUSの独自の強化機能「5X PROTECTION II」に準拠している。

AMDは近日販売が開始される新GPU Polarisアーキテクチャを搭載した「Radeon RX480」などが話題、注目されているが、マザーボードやプロセッサーに関しては大きな動きはなく、こういったマイナーアップが続いている。

主な仕様、特徴

  • Socket FM2+対応
  • AMD A/AthlonシリーズAPU対応
  • AMD A88Xチップセット搭載
  • DDR3メモリ×4枚(最大64GB)対応
  • PCIe 3.0 x16×1、PCIe 2.0 x16×1、PCIe 2.0 x1×2、PCI×3
  • SATA 6Gb/s×8
  • USB 3.1 Type-A×2、USB 3.0×4、USB 2.0×8
  • 1000BASE-T×1
  • デジタル電源回路の「DIGI+ VRM」を搭載
  • 省電力を実現する電力制御チップの「EPU」を搭載
  • CPUファン+ケースファンを細かく設定できる「Fan Xpert」機能を搭載
  • USB 3.1の転送速度をブーストする「USB 3.1 Boost」機能を搭載
  • ATXフォームファクター
USB3.1をオンボードで搭載! FM2+APU使用時、トリプルモニター出力やHDMI出力からの4K解像度出力に対応するAMD A88X搭載ATXマザーボード
取扱終了
詳しく見る

APUに搭載されているRadeonグラフィックス機能について

A8-7670Kはクアッドコア性能と多彩な機能により、究極のゲームとエンターテインメント体験を実現します
取扱終了
詳しく見る

Socket FM2+を選ぶ大きなメリットの一つとして、対応するAMD Aシリーズ・デスクトップAPUには AMD Radeon™ HD R7/R5クラスのグラフィックス機能が内蔵されており、グラフィックスカードを別途購入しなくてもそこそこゲームであれば問題なく遊べてしまうのだ。

APU搭載の主なグラフィックス機能の仕様・特徴

  • DirectX 11.1, Pixel Shader 5.0およびFM2+ CPU. DirectX 11, Pixel Shader 5.0およびFM2 CPU.
  • 最大共有メモリ 2GB
  • 3 つのグラフィックス出力オプション: D-Sub、 DVI-DおよびHDMI
  • トリプルモニターに対応
  • HDMI 対応、最大解像度 4K x 2K (4096x2160) @ 24Hz
  • Dual-link DVI-D 対応、最大解像度 2560x1600 @ 60Hz
  • D-Sub 対応、最大解像度 1920x1200 @ 60Hz
  • HDCP 機能、DVI-D、HDMI ポート対応
  • Auto Lip Sync、Deep Color (12bpc)、xvYCC、HBR (High Bit Rate Audio)、HDMIをサポート (HDMIモニターが必要)
  • HDMI でブルーレイステレオ3Dのサポート
  • AMD Steady Video™2.0サポート
  • Full HD 1080p Blu-ray(BD) 再生対応(DVI-D、HDMI ポート使用時)

ただし選択するAPUモニターの接続方式で最大解像度が変化するので注意が必要だ。

ちなみに4096x2160の解像度に対応するにはFM2+タイプのAPUとHDMI接続環境が必要になるので覚えておきたい。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。