image

最大4K/144Hzのパススルー出力、4K/60FPSでの録画が可能なハイエンドモデルなど、AVerMediaから内蔵型キャプチャーカード2モデルが登場。

AVerMedia(アバーメディア)より、最大4K(2160P)解像度のHDR/VRR(可変リフレッシュレート)パススルー入出力、最大4K解像度の録画に対応するPCI-Express接続の内蔵型キャプチャーカード2モデルが登場、2024年2月16日(金)より販売を開始している。 HDMI 2.1接続に対応し最大4K/144HzHDR/VRRのパススルーと最大4K60Hz録画が可能な「Live Gamer 4K 2.1 - GC575」、HDMI 2.0接続に対応し最大4K/60Hz HDR/VRRのパススルーと最大4K30Hzの録画が可能な「Live Streamer ULTRA HD - GC571」の2モデルをライアンアップ。

ビュー: 1633
公開日: 2024-02-18 (更新 2024-03-03)

最大4K(2160P)解像度のHDR/VRR(可変リフレッシュレート)パススルー入出力、最大4K解像度の録画に対応するPCI-Express接続の内蔵型キャプチャーカード

image

AVerMedia(アバーメディア)より、最大4K(2160P)解像度のHDR/VRR(可変リフレッシュレート)パススルー入出力、最大4K解像度の録画に対応するPCI-Express接続の内蔵型キャプチャーカード「Live Gamer 4K 2.1 - GC575」「Live Streamer ULTRA HD - GC571」の2モデルが登場、2024年2月16日(金)より販売を開始している。

HDMI 2.1接続で最大4K/144Hz HDR/VRR パススルー対応のハイエンドモデル「Live Gamer 4K 2.1 - GC575」

image

「Live Gamer 4K 2.1 - GC575」は世界初のコンシューマー向けHDMI2.1対応キャプチャーカードで、PC内部の接続インターフェースはPCIe x4 Gen3となっている。

最大の特徴は「2160p(3840×2160/アスペクト比16:9)解像度 144Hz HDR/VRR(可変リフレッシュレート)」のパススルー入出力に対応している点だ。 これにより高解像度かつ高リフレッシュレートのゲーム映像を配信または録画する際、映像の遅延/ゴースティング/ティアリングなどを極力排除し、ゲーム体験を大きく損なうことなく同時に行うことが可能となった。

image
image

また、MMORPGやレース/フライトシムゲームなどのプレイヤーに利用者が多い「ウルトラワイド解像度(最大3440x1440p/120Hz/21:9)」のパススルーにも公式で対応がうたわれていることも特筆すべき点となっている。

録画解像度は最大で「4K(2160)@60FPS」まで。 録画配信用ソフトウェアは「AVerMedia RECentral」の他「OBS」にも対応しており、Twitch、YouTube、Facebookなどのプラットフォームでのストリーミングや動画配信が可能だ。

image

キャプチャーカード本体にはRGBライティングが搭載されたカバーが装着されており、ライティングの設定は「AVerMedia Gaming Utilityツール」を利用するか、マザーボードメーカー各社のサードパーティ製ソフトウェアなどで行うことができる。

動作環境はハイエンドモデルなだけに高めに設定されており、録画に際してはソフトウェアエンコードを行うことを考慮すれば、十分高性能なパソコンが必要であろうことが予想される。

HDMI 2.0接続の高性能エントリーモデル「Live Streamer ULTRA HD - GC571」

image

「Live Streamer ULTRA HD - GC571」は低コストながら4K解像度映像の配信・録画に対応する高性能エントリーモデルだ。

特徴は低コストモデルながらHDMI 2.0接続で最大解像度3840x2160@60Hz(HDR/VRR)に対応、1920x1080pであれば240Hz (HDR/VRR)に対応しており、上位モデルほどのリフレッシュレート数ではないものの可変リフレッシュレート対応による高解像度で滑らかなパススルー映像を楽しむことが可能だ。

image
image

PC内部の接続はPCI Express x1 Gen3接続で専用ドライバは不要、キャプチャーボード本体自体が小さく「ロープロファイル」規格にも対応しているため、小型PC環境でも気軽に利用できるキャプチャーボードとなっている。

最大録画解像度は3840x2160@30fpsまで。 録画配信用ソフトウェアはこちらも「AVerMedia RECentral」の他「OBS」に対応している。

性能に関する比較と詳細は下記スペックシートを確認してほしい。

 
型番 GC575 GC571
メーカー AVerMedia AVerMedia
パソコンとの接続方法 PCI-Express ×4(PC内蔵) (PCIe3.0 ×4対応) PCI-Express ×1(PC内蔵) (PCIe3.0 ×1対応)
入力端子 1× HDMI 2.1 1× HDMI 2.0
出力端子(パススルー) 1× HDMI 2.1 1× HDMI 2.0
最大入力解像度 2160p144 HDR/VRR、1440p240 HDR/VRR、1080p360 HDR/VRR (最大パススルー解像度) 3840x2160@60fps (HDR/VRR) / 2560x1440p60 (HDR/VRR) / 1920x1080p240fps (HDR/VRR)
最大録画解像度 2160p60 3840x2160@30fps
対応OS Windows 11/Windows 10 Windows 11/Windows 10
操作方法 ソフトウェア(PC上) ソフトウェア(PC上)
付属ソフトウェア(録画/配信用) AVerMedia RECentral AVerMedia RECentral
ビデオフォーマット YUY2, NV12, RGB24, P010(HDR) YUY2, NV12, RGB24, P010(HDR)
LEDエフェクト 搭載 非搭載
本体サイズ 160.5 x 121 x 21.5 (mm) 113.5 x 121 x 21.5 (mm)
本体重量 約150.5g 約62g
付属品 HDMI 2.1ケーブル、クイックガイド クイックガイド
備考 ※ご購入前に、お客様の動作環境、および詳しい製品内容を必ずご確認ください。動作システム要件を満たしていないパソコン環境では、本製品を正常にご使用になれません。ご使用の際には必ず本製品の要求仕様を満たしているかをご確認ください。メーカー製品ページの仕様で最新の要求仕様を確認することをお勧めします。 ※ご購入前に、お客様の動作環境、および詳しい製品内容を必ずご確認ください。動作システム要件を満たしていないパソコン環境では、本製品を正常にご使用になれません。ご使用の際には必ず本製品の要求仕様を満たしているかをご確認ください。メーカー製品ページの仕様で最新の要求仕様を確認することをお勧めします。
保証期間 1年間 1年間
JAN/EUCコード 4711289500964 4711289500940
発売日 2024-02-16
2024-02-16
アーク参考価格 読み込み中 読み込み中
  製品詳細 製品詳細

AVerMedia

AVerMedia(アバーメディア)について

AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構える、マルチメディアTVチューナー製品を中心に事業展開しております。現在世界75各国に商品を展開している、グローバル企業であります。技術、品質を重視した、技術集団のもと、顧客第一を実践しております。自社で設計、製造、品質管理を徹底し、"AVerMedia"ブランドのほかに、各OEM/ODMパートナーにも高い評価をいただいております。

>> AVerMedia Technologies商品一覧

>> メーカー公式

関連記事

ライター

author image

Ark編集部

アークの編集部です。
Facebook
Twitter