image

アークのラーメン王子によるアキバ界隈、不定期ラーメンレポート「麺屋武蔵 武骨 御徒町店」編

アークのラーメン王子によるアキバとその周辺のラーメン屋さんの食べ歩き日記、オススメラーメンの感想をバイヤー暦16年の経験を活かして?チラ裏レベルの文章力で書き殴るノークレームノーリターン系コンテンツ、「麺屋武蔵 武骨」編

ビュー: 3774
公開日: 2024-02-18

「麺屋武蔵 武骨」で濃厚武骨つけ麺を食す

ども~アークのラーメン王子で~す。

前回は洗練された上品なつけ麺を頂いた事により、最近はつけ麵欲が駆り立てられているんですが、今回は荒々しい感じのつけ麺を食べたいと思いましたのでこんな時こそ「麺屋武蔵」だ!と思ったんですがこの界隈だけでもアキバに2店舗、神田、御徒町、上野とどんだけあるんじゃ!と言う中

今回は御徒町にあります「麺屋武蔵 武骨」にやってきました~。

場所は御徒町駅から高架下を上野方面に進み2つ目の路地を右に曲がったすぐ先にあります。

image

白・黒・赤と3種類のらー麺も人気ですが今回の目的はこれではない!

image

そう!今回はつけ麺を食べに来たんじゃよ!

そしてドロッとした濃い目のタレに名物でもある肉を食べたいので”濃厚武骨つけ麺”で行きたいと思いま~す。

写真を撮るのを忘れましたがここのウリは麺の量が280gから1kgまで七段階に分かれており、1kgまでは無料で選ぶ事が出来るんですよね。そしてこれ以降も+100円で増やす事が可能です。

まぁ王子はそこまで量はいらないので控えめに中サイズ370gで行きたいと思います。

image

こちらが”濃厚武骨つけ麺”の中サイズになります。

流石、麵屋武蔵だけあって肉が主張してますねぇ。

それではいただきたいと思いま~す。

image

つけダレは王道の濃厚な魚介ダレ。やっぱつけ麺はこのスタイルが旨い!

image

麺はモッチモチの中太麺

濃厚な魚介ダレにはやはり太麺が合う!

ちなみに王子は中盛りでしたが周りの人はどんぶりに山盛りの1kgを食べている人ばかりで何かこのちんまりした量が恥ずかしかったですね。もしやここってそれが目当てのお店だったのか!?

image

上品なつけ麺もいいですが、このど定番な濃厚魚介に太麺でかっ食らうのもまた良し!たまらんねぇ~。

それとここのもう一つのウリが、麺がいっぱい食べる人が多い為、一回迄はつけダレもおかわりが出来ると言う他にないサービスが素晴らしいですよね。これはいっぱい食べる人にとってはありがたい。

image

そしてこのチャーシューの出来がスゴイいいんですよねぇ~

豚バラ肉が超~柔らかくて旨~い、いや~マジヤバイっすわぁ。

image

最後はスープ割で〆て

ごちそうさまでした~。

image

総評:定番でもある魚介を使ったこの形のつけ麺がこれまた旨い!量も山盛り食べられるし、チャーシューの出来もサイコーでした。

ラーメン王子オリジナルチェックシート

店名 麺屋武蔵 武骨 御徒町店
住所 〒110-0005 東京都台東区上野6丁目7-3
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
アークから徒歩 16分
オススメラーメン 濃厚武骨つけ麺
お会計方法 券売機で先にお会計
お水は? カウンターに給水ポット常設
お箸は? 割り箸
ティッシュは? カウンターにティッシュ常備
テーブル席は? カウンター席のみ
ラーメン王子来店日 2024年2月13日(火)
image

オイッス~、ワイやでぇアークマンや

元気しとる?

ほな今日もいつものいこか

「ラーメン食べ過ぎでウエスト99~ワイはぽっちゃりですがデブではありません~」のコーナーやでぇ

今回頂いたモンはこれや

”カップヌードル こってり鶏白湯”と”牛乳や監修 ミルクみそ味ラーメン”のふたつやでぇ

ミルクみそラーメンも気になるが、ワイはカップヌードルの新しいのが出たら絶対に食べたくなる病、略してカプヌー絶食べ病なんじゃ

ほんなんでカップヌードルいただくでぇ

ほほ~鶏出汁が普通に旨いんじゃが思ったよりこってりしとらんのぉ

もっとドロッとした感じのスープでも全然美味しかったのになぁ勿体ない

具も変ってて良かったでぇ普通に旨かったぜ!80点ってところやな、 もっとコッテリだったら128点だったぜ

ほいじゃまぁこんなもんかな、ごっそさ~ん

また来週も見てくれよな!

じゃ~にゃ~

王子~最近、宅麺.com使って家でもラーメン三昧らしいじゃねぇか、ワイにもあの中毒性のあるすず鬼の”スタミナ満点ソバ”とワイ史上ナンバーワンの篝の”鶏白湯Soba”を食わしてくれよ~、頼むでぇ飴ちゃんあげるから

image
image

関連記事

ライター

author image

ラーメン王子

ラーメンをこよなく愛するArkの店員。主に秋葉原のラーメン食べ歩き記事を担当している。