image

Socket sTR5対応 AMD TRX50チップセット搭載E-ATXマザーボード「TRX50 WS」

ASRockからAMD Ryzen Threadripper 7000シリーズ向けのソケット「sTR5」に対応するAMD TRX50チップセット搭載E-ATXマザーボード「TRX50 WS」が2023年12月15日(金)より販売を開始している。長寿命 20K コンデンサ / 18+3+3 電源フェーズ設計 / SPS(スマートパワーステージ) / 高密度電源コネクター / サーバーグレードの低損失基板 / 12層&2オンス銅内層基板 / コンポジットVRMヒートシンクなどサーバーグレードのコンポーネントを採用したワークステーション向けでMarvell 10 GbE LAN、Realtek 2.5 ギガビット LAN、802.11ax WiFi 6E + Bluetoothなどの通信ポートも充実。

ビュー: 1738
公開日: 2023-12-17

AMD Ryzen Threadripper PRO 7000 / Ryzen Threadripper 7000 プロセッサー向けのE-ATXマザーボード

image

ASRockからAMD Ryzen Threadripper 7000シリーズ向けのソケット「sTR5」に対応するAMD TRX50チップセット搭載E-ATXマザーボード「TRX50 WS」が2023年12月15日(金)より販売を開始している。

image

「TRX50 WS」は、AMD Ryzen Threadripper 7000/ PRO 7000シリーズ・プロセッサー向けのE-ATXマザーボード。

長寿命 20K コンデンサ / 18+3+3 電源フェーズ設計 / SPS(スマートパワーステージ) / 高密度電源コネクター / サーバーグレードの低損失基板 / 12層&2オンス銅内層基板 / コンポジットVRMヒートシンクによる長期稼働に安定する電源供給。10Gb 有線LAN(Marvell AQtion AQC113)と2.5Gb 有線LAN(Realtek RTL8125BG)に加えWi-Fi 6E (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5.3無線ネットワーク機能を標準搭載。高速 20Gbps USB 3.2 Gen2x2 Type-C ポート、128Gb/s の転送速度 PCIe Gen5 ブレイジング M.2スロット、DDR5 RDIMM ECCメモリ対応により大型データの転送もストレスなく安定し行う事が可能。

image

主な仕様は、チップセットはAMD TRX50、搭載ソケットはsTR5、拡張スロットはPCIe 5.0×16を3スロットとPCIe 4.0×16スロットを2スロット(動作はX4とX8)。メモリーは288Pin DDR5-RDIMMで定格は5200MT/s (OC時7600MT/s)に対応スロットを4ケ実装し最大1TB (256GB×4)。 ストレージはM.2 スロット (M2_1、Key M、Type 2260/2280 SSD対応、ヒートシンク付き、PCIe Gen5×4(128Gb/s)接続をサポート)x1、M.2 スロット (M2_2、Key M、Type 2260/2280 SSD対応、ヒートシンク付き、PCIe Gen4×4(64Gb/s)接続をサポート)x1、MCIO ポート (MCIO1、PCIe Gen5×4(128Gb/s)接続をサポート)x1、SlimSAS ポート (SLIM1/SLIM2、NVMeデバイス PCIe4.0×4接続 x2、SATA 6Gb/s ポートx4など。

image

オーディオはRealtek ALC1220 8CH HD Audio (8CH オーディオ出力はフロントパネルのHDオーディオモジュールを使用時に対応)でオーディオジャックx2に加え光デジタルS/PDIF出力x1ポート実装、フォームファクタはE-ATXでサイズは305x277mm。

付属品は、SATA 6Gb/s ケーブル×4、WiFIアンテナ、サーミスタケーブル、M.2ネジセットなど、保証期間は代理店2年保証が付帯する。

『TRX50 WS』は、高速コンピューティングワークステーションを支える強力なパフォーマンス、信頼性を発揮するようデザインされた、ワークステーション向けE-ATXマザーボードです。
TRX50 WS
税込価格: 154,980円

送料無料

詳しく見る

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。