image

東プレのゲーマー向けキーボードが遂にテンキーレス化!! 「REALFORCE RGB TKL」絶賛発売中

東プレ初のゲーミングキーボードとして発売された「REALFORCE RGB」がテンキーレス仕様となって新たに登場。日本語配列版と英語配列版が用意されている。

ビュー: 2225
公開日: 2018-12-23 (更新 2018-12-26)

待ちに待ったテンキーレスモデル

image

REALFORCE RGB TKLは、RGBバックライトとキースイッチの入力がオンになるポイントを選べるAPC (Actuation Point Changer)機能を搭載したテンキーレスゲーミングキーボードだ。 日本語配列版(R2TLA-JP4G-BK)と英語配列版(R2TLA-US4G-BK)が同時に発売されている。

image
日本語配列版(R2TLA-JP4G-BK)
image
英語配列版(R2TLA-US4G-BK)

製品としては、2016年12月に発売されたフルサイズ版のREALFORCE RGB(英語配列版が先行発売)のテンキーレス版となり、キー配列以外の本体仕様はフルサイズ版と同じとなっているが、フルサイズ版では別売りだったキーの押し込みの深さを調節できるキースペーサーが標準で同梱されるようになった。

キースイッチはALL45g静電容量無接点方式スイッチを採用。APC 機能でアクチュエーションポイントを1.5mm、2.2mm、3mmの深さから選択可能だ。

キー数は、日本語配列版が91キーレイアウト、英語配列版がUS87キーレイアウトとなっている。

関連記事

image
20%の設置面積を省スペース化
image
通常のメカニカルキースイッチより最大25%高速入力が可能になるという。(メーカー調べ)
image
REALFORCE 独自のフェザーキータッチ「静電容量無接点方式スイッチ」

良くも悪くもバックライトが搭載されているだけでよりゲーミングデバイス感が増す(ような気がする)ので、テンキーレス派ゲーマーで本製品の発売を待っていた人もいたのではないだろうか。

気軽に買い替え等ができる価格ではないが、RGB LEDと静電容量無接点方式スイッチ搭載という希少な存在なので思い切って購入してみる価値は十分にあるかと思われる。

製品仕様

R2TLA-JP4G-BK
税込価格: 29,991円
詳しく見る
R2TLA-US4G-BK
税込価格: 29,991円
詳しく見る

東プレ

東プレ(トウプレ)について

独自の静電容量無接点方式を活かして開発、製造されたキーボードは、長時間の入力作業でも疲れにくく、さらに優れた耐久性も兼備。各種入力専用機として金融機関、データ入力センターなどをはじめ、PC配列キーボード「REALFORCE」は多くのお客様から高い支持を得ています。 また、クレジット業界のグローバルセキュリティ基準「PCI」に準拠したPIN PADは、多くの銀行やコンビニATMで高いセキュリティを実現しています。

>> 東プレ株式会社商品一覧

>> メーカー公式

関連記事

PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)