image

AORUSからThunderbolt 3接続対応GeForce RTX 2080 Tiカード搭載外付けグラフィックスBOX

GIGABYTEのゲーミングブランドAORUSからGEFORCE RTX 2080 Tiゲーミンググラフィックスカードを搭載したThunderbolt 3接続対応の外付けグラフィックスボックス「AORUS RTX 2080 Ti GAMING BOX (型番:GV-N208TIXEB-11GC)」がアキバの一部のPCパーツショップに入荷、2019年12月5日(木)より販売を開始している。 簡易液冷ユニットを採用する現行最強の外付けグラフィックス拡張BOX。

ビュー: 2864
公開日: 2019-12-09

AORUS外付けグラフィックスBOX最速パフォーマンスモデル登場

image

「AORUS RTX 2080 Ti GAMING BOX (型番:GV-N208TIXEB-11GC)」はゲーミングBOX専用に設計された簡易液冷システム「WATER FORCE」をGPUの冷却に採用するNVIDIA GEFORCE RTX 2080Tiグラフィックスカードを搭載したThunderbolt 3接続対応の外付けグラフィックス拡張ボックス。

image

最大の特長はThunderbolt 3接続対応の外付けボックス搭載されたウルトラハイエンドクラスのGEFORCE RTX 2080 TiゲーミンググラフィックスカードをNUCやノートなどグラフィックス処理能力が非力な小型のPCと接続する事で大きなパフォーマンスの向上が期待出来る事だ。※

※ただし使用するにはWindows10(64bit)環境で、かつ接続予定のパソコン本体が「Thunderbolt 3」ポートを搭載している必要があるので留意しておきたい。

image

搭載グラフィックスカードの主な仕様は、GPUはGEFORCE RTX 2080 Ti、メモリーはGDDR6 11GB、GPUベースクロック1350MHz、GPUブーストクロック1545MHz、メモリー実クロックは1750MHz、画像出力はDisplayPort 1.4 x3、HDMI 2.0b x1、USB Type-C (VirtualLink対応) x1ポート構成で最大4画面までの同時出力に対応可能。

また、GPUの冷却には同社独自の簡易液冷システム「WATER FORCE」が採用されている。

image

外付けケースの主な仕様は搭載電源が450W 、サイズは140(L)mm x300(W)mm x173(H)mmで本体重量 約3.8Kgなど。

ちなみに下位モデルのRTX2070版と比べサイズ、重量共に一回り増加しているので気になる人は現物のチェックやシミュレーションを行ってみて欲しい。

image

ボックス背面には、USB3.0 Type-Aポートx3とQuick charge専用ポート x1に加えイーサネットポート x1も搭載。 また、Thunderbolt 3ポートはUSB Power Deliveryに対応し、最大100Wまでの出力に対応する。

image

Thunderbolt 3ケーブル (500mm)、電源ケーブル、インストレーションガイド、ドライバディスク、キャリーバッグが付属し保証期間は2年としている。

GEFORCE RTX 2080 Tiを搭載するThunderbolt 3 接続外付けグラフィックスボックス! GPUの冷却には簡易液冷システム「WATER FORCE」を採用。グラフィックス出力の他、カスタマイズ可能なLEDイルミネーション機能やUSB3.0ポート×3、イーサネットポート×1を備えています。
GV-N208TIXEB-11GC
税込価格: 208,978円

送料無料

詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。